2016年11月03日

宇多田ヒカル - Fantôme

人間活動に専念し、繁殖したりした宇多田ヒカルさんの新アルバム。 『Fantôme』はおフランス語で「幻」を意味するそうです。文字化けしている人もいるかもしれない。 "ô"はoのうえに山マーク。

先行してリリースされた3曲を「宇多田マネーの匂いがプンプン」、「ウツJ-POPという新境地」と書いた記憶があるのだが、アルバムを通しても、その気配が濃厚になっている。

辛うじて軽やかに聴けるのは1曲めの「道」のみ。 っていっても、タイトル名が道ですよ。 なんというか求道的というか、宿痾を背負ったというか、そういう肩にズーンとくる重苦しさを感じられずにはいられないのですよ。 どうも、長年連れ添った毛むくじゃらの愛犬が死んじまった35歳独身女、みたいな哀しさを感じられずにはいられない。

だからして、やはりウツJ-POPの世界はアルバム自体にもおおっている。無理した感の満載なコマーシャル曲「道」はやはりまあ、宇多田マネーの期待に沿うべく無理して明るく振る舞ったのだろうなぁ、と。

これで、終わりににしてもいいのだが、ちょっと語りたい曲をもう1曲。「忘却」がそれ。陰鬱な曲に、梅雨時の靴下みたいな陰鬱な声のラップ(宇多田さんではない誰か男)が乗る。 もう、ウツまっしぐらなわけだが、「強いお酒」と2回繰り返して歌詞が乗る。

宇多田さんに関しては、本人のつぶやきからウィスキー漬けではないかとの観測記事になったりしている。 それを裏付けるのか? そういうマスコミをあざ笑っているのか? と妄想が広がる。

と、1記事にふた言書きたるようなキャッチーさは健在。だけどこれ、とてもとても新たなる生命の歓びみたいなものを感じられる代物ではない。 子供がかわいくてかわいくて仕方がない時期に次アルバムを出せるタイミングではなし、本当、これからいろいろ大丈夫なのか?

(竹)


posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年05月02日

【ネット聴取可】国立国会図書館デジタルコレクションの音源がすごい

NDL.png

結構前にAmazonで売ってますってことで謎の本を高価買い取りした国会図書館なのだが、音源まで淡々とアーカイブしているのを初めて知った。

歴史的音源とは、1900年代初めから1950年頃に国内で製造されたSPレコードの音源をデジタル化したものです。当時、SPレコードには音楽だけでなく貴重な演説、講演などの歴史的音声も記録されていました。それらの音源の劣化、散逸を防ぐため、歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)によりデジタル化されました。
邦楽、 民謡、 落語、 歌舞伎、 クラシック、 歌劇、 歌謡曲、 演説など、多様なジャンルの音源約5万点を収録しており、国立国会図書館および歴史的音源配信提供参加館の館内で聴くことができます。このうち著作権・著作隣接権の保護期間満了が確認できた約1千点は、インターネットでも聴くことができます。
国立国会図書館デジタルコレクション

お役所だからして、淡々と事実の紹介をしている。 民間だったら「20世紀の音源をネットで! 民謡・落語・歌謡曲を無料聴取!」ぐらいのキャッチコピーをつけても良さそうな充実っぷり。

とりあえず探してみたらあったのが、「演説:宣戦の大詔奉読」(東條英機)。 テレビ番組の効果音的に使われているのは聞いたことがあるのかもしれないが、まじまじと聞くと見えてくるものがある。 言ってる内容というのはどうでも良く、陸軍大将の生声を聞きしめることがポイントなのかなと想像が広がってくる。 そして、その語気というものは今の国のおえらいさんに通じるものもあるなぁと感じ入っている。

この「ネットでお蔵出し」、また何か面白いのがあったら続く。 視聴履歴が自動的に出てきたりはしないので、マメなブックマーク必須。

【関連リンク】
国立国会図書館デジタルコレクション - 演説:宣戦の大詔奉読(上)
国立国会図書館デジタルコレクション - 演説:宣戦の大詔奉読(下)
posted by ワタオン | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月30日

私が今月最も聴いたアルバム(ほぼ2016年4月)

楽屋落ち的記事2回目。 自動収集のデータの切り出し単位が30日単位、一部自動設定できない再生ツールもあり、ということでほぼ2016年4月。

yokukiita_201604.png

トップの『音楽図鑑(2015年版)』(坂本龍一)はディスク2枚組を1枚として認識させている。 よって、その半分ぐらいが実勢値。 それにしても良く聴いている。

2位の『Melodies』(山下達郎)、いまの時点ではそんなに聴いたという記憶がない。 コテコテの流行歌なのだが、流行歌を極めたという凄みのある作品。 また何かの拍子にヘビーローテションしそう。

3位の『Lupin the Third Jazz ~ Play The 'Standards'』(大野雄二トリオ)については、目下ジャズ耳強化ということをやっている。 いまのところ、耳に一番なじむのが本作品の模様。 ジャズ耳を作りかけたら洋楽が楽しくなってきた気もするが、それはまたいずれ触れたい。

以下、4位以下はYMO系列が強いということと、中森明菜さんの最新カバー集が入っている。 これはオリジナルよりも、なかなか心地よいってことで、思い出したら触れたい。

今回は曲単位でも見てみる。

yokukiita(kyoku)_201604.png

リリースするや否やダウンロードするような曲は、ヘビーローテションしがち。 だが、宇多田ヒカルさんの新曲2曲は伸び悩み中。
posted by ワタオン | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ