2014年12月29日

坂本冬美 - Love Songs ~また君に恋してる~

「また君に恋してる」が目当て。

のど飴常備で、のどのケアを怠らないという、坂本冬美さん。全身是美声発生器とでも言える彼女の歌唱力は、こんな日々の努力から生まれているのだろう。

この曲をきっかけに、自分的坂本冬美ワールドが広がったかというと、そうでもない。

歌は素晴らしいんだが、伴奏がどれもこれも貧相。

iTunesのライブラリを検索してみたら、『坂本冬美2003全曲集』というのが出てきた。伴奏が貧相という理由で、放ったらかしだったよう。彼女の、圧倒的歌唱力の世界を聴かないままなのは、もったいないと認識を改めた。そのうち、ちゃんと聴いて投稿。

(竹)





坂本冬美の関連記事
posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iTunesでなるべく低容量かつ良音質のMP3ファイルを作る方法

itunes_mp3.PNG

もう、AAC形式で、問題ないんじゃないかとも思うのだが。iTunesを使い始めたころは、AACに対応していないハードウェアも少なくなかった。

そんなわけでCDを取り込む時は、惰性的に、MP3形式にしている。

MP3形式には、今では可変ビットレート(VBR)を採用。VBRというのは、要するに曲のデータ密度が濃い部分だけ、データの情報量を多くしようという方式。

AAC形式を推しながら、MP3形式のプロパティも、細かく設定できる所が、iTunesの良心的なところ。

iTunesでのMP3(VBR)でのCDの取り込み方


・CDを入れる
→「インポートしますか?」→[いいえ]
→iTunes右上の[インポート]
→インポート方法:[MP3エンコーダ]
→設定:[カスタム…]
→ステレオビットレート:[128kbps]
→「可変ビットレート(VBR)」にチェック
→音質:「最高」
→[OK]→[OK]
posted by ワタオン | iTunes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月28日

May J. - Heartful Song Covers

確かに歌は上手い。だが、吉田美和さんのような、唸るようなこぶしをサラリと入れるわけでない。中島美嘉さんのような、頑なにかすれない高音があるわけではない。

確かに上手いんですよ。でも、心に響く何かががないのだなあ。「Let It Go 〜ありのままで〜」を聴いても、感想は変わらず。

――ちなみに、……。
May J.さんをフォローしたところ、May J.さんのスタッフからフォローが来た。20万人以上いるフォローワーを、逐一チェックしているのだろうか。何かにナーバスになっているのか、マメなんか知らんが。

本人のつぶやきも、宣伝ばかり。興味のあるアーティストが、何をして感じているのかというところが、皆目わからないので、フォローするのやめた。

(梅)







posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ