2015年01月28日

中森明菜 - 歌姫 III ~終幕

中森明菜さんのカバーアルバム第3弾。
1 「回帰 〜歌姫3 Opening (instrumental)」
2 「傘がない」 (井上陽水のカバー曲)
3 「踊り子」 (村下孝蔵のカバー曲)
4 「愛はかげろう」 (雅夢のカバー曲)
5 「スローなブギにしてくれ (I want you)」 (南佳孝のカバー曲)
6 「夜霧よ今夜もありがとう」 (石原裕次郎のカバー曲)
7 「東京砂漠」 (内山田洋とクール・ファイブのカバー曲)
8 「窓」 (松山千春のカバー曲)
9 「Manish 〜歌姫3 Interlude (instrumental)」
10 「ALONE」 (B'zのカバー曲)
11 「ハリウッド・スキャンダル」 (郷ひろみのカバー曲)
12 「恋の予感」 (安全地帯のカバー曲)
13 「NO MORE ENCORE」 (宇崎竜童のカバー曲、もとは内藤やす子の曲)
14 「風の扉 〜歌姫3 Ending (instrumental)」
「歌姫3 〜終幕」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2014年10月13日 (月) 19:22 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

「傘がない」が特に良かったですね。元歌よりも低い声で、女性なのに、より男性的に歌いあげてしまうところが、聴き所。

最近だとMay J.さんなんかがそうなんだが、カバーを出すアーティストというと、「他人のふんどしで」と批判の的にされることがアリガチ。 しかし、Amazonのレビューを見る限りでは、そういう批判は皆無。(Amazonのレビューは事前チェックが入るようだが、他の商品で批判的なレビューも掲載されている。本作に限り、批判的なレビューをことごとくブロックということはなかろう。)

ここらへん、カバーといえども、中森明菜さんのプロ意識をビシバシと感じており、アイドル時代の彼女の歌以外の世界を(それはそれで、すばらしいが)、知ることができたのは僥倖。

※中森明菜さんの歌姫シリーズは、この後もまとめ版が出たりベスト版が出たりとしている。 これから入手しようかどうしようかという人は、AmazonなりiTunes Storeなりで検索してください。

(竹)



中森明菜の関連記事

余談。 1曲目『回帰〜歌姫3 Opening [instrumental]』と、2局目『傘が無い』の間などは、本来曲のつなぎ目なしで再生させる意図なのだが、どいういうわけか1曲目の最後に5秒ほど空白が入ってしまっていた。

機械だからそういうこともあるわな、と普段は気にならないが、レビューしようと聴いたら気になった。 iTunesでのその解決方法。

・『回帰〜歌姫3 Opening [instrumental]』で右クリック→[プロパティ]
→[オプション]
→停止を(私のファイルの場合)1:20.953を[1:15.953]に変更。

これで、おおむねつながる。それでも気になる人は、[1:15.953]部分を微調整してください。
posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月27日

iTunes12のプロパティ画面を以前のようにする方法

・該当する曲を右クリック
[Shift]キーを押しながら[プロパティ]

itunes_property_old.PNG

iTunesでなんか面白いことできないか、とググっていたら、Macintoshでoptionを押しながらやるとできるという記事を見つけた。 ならば、Windowsでもできるかな、とCtrlやらFnやらを押して試しまくり発見。

以前、アルバムジャケット画像を貼り付けるのに、[Ctrl]+[v]とやる必要があると書いたが、こちらの画面では、右クリック→[貼り付け]が健在。

【追記】
12.1にバージョンアップされて、この裏ワザは使えなくなった。

【参考】
【第107回】もう迷わない! 大幅刷新した「 iTunes 12」を便利に使いこなす方法 (5/6) - Phile-web

posted by ワタオン | iTunes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中森明菜 - ZERO album - 歌姫 II

中森明菜さんのカバー集2作目。
1 「歌姫2 Opening」  
2 「黄昏のビギン」 (ちあきなおみのカバー曲、もとは水原弘の曲)
3 「桃色吐息」 (高橋真梨子のカバー曲)
4 「アデュー」 (庄野真代のカバー曲)
5 「別れの予感」 (テレサ・テンのカバー曲)
6 「シングル・アゲイン」 (竹内まりやのカバー曲)
7 「色彩のブルース」 (EGO-WRAPPIN'のカバー曲)
8 「秋桜」 (山口百恵のカバー曲)
9 「異邦人」 (久保田早紀のカバー曲)
10 「乙女のワルツ」 (伊藤咲子のカバー曲)
11 「瑠璃色の地球」 (松田聖子のカバー曲)
12 「歌姫2 Ending」  
『-ZEROalbum- 歌姫2』『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2013年3月10日 (日) 23:37 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

カバー集というと、どうも他人のフンドシで相撲を取って、という冷ややかな感情が芽生えてしまう。 しかし、私のiTunesのなかには、『歌姫 III 〜終幕』までの3作が入っている。 しっかりと、中森明菜さんが歌いました感があるので追いかけた。(さすがに、演歌のカバー集までに至っては、付き合ってられんわと、入っていない。)

久保田早紀さんさんの「異邦人」。 元曲もiTunesに入ってたので、聴き比べ。 元曲は一つ一つのコトバを割とくっきりと歌い上げる。 中森明菜さんバージョンは、例のちょっと鼻にかかったような声で、たたみかけるようにコトバとコトバをつないでいく。 異国情緒を表現するという点で、ひょっとしたら中森明菜さんバージョンのほうが上であり、いろいろと苦労してこの歌い方になったのではないかと推測。

宿命のライバル、松田聖子さんの曲もカバーしている。 まあ、宣伝色が濃くてなんだかなあ、という気もするのだが、それはそれとして、やはり中森明菜さん色を出して、きっちり仕事をされている。

(竹)



中森明菜の関連記事

posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ