2015年02月28日

矢野顕子 - 飛ばしていくよ

矢野顕子さんのアルバムは『峠の我が家』が一番好きなんだが、30年近く前の作品。で、齢を重ね、声が掠れるということがない。それどころか、ますます艶を増していている気がする。 そんな、サザエさん一家的強靭な声帯を持つ、矢野顕子さんの最新作。

このアルバムの印象は、何回も聞くうちに「まあこんなものか」→「あれ、意外と良い」→「なんだか哀しい」と変化していく。

初聴の印象は、「あれ、テクノ?」。 Amazonのレビューを見てみたら、やはりテクノであった。 脱ピアノかと思ったら、テクノへ回帰していくところが面白いことは面白いんだが、これといって新鮮味があるわけでなしと、こんなものかということになった。

もちょっと聴きこんでいくと、テクノの中にもピアノの音を混ぜ込んでいたりして、結構作りこまれているなあという印象に変わる。 「ISETAN-TAN-TAN」なんかが、いかにもテクノなんだが、矢野顕子さんの家族をモチーフにした歌詞と良く合っていて良い。

そして、ちょっと哀しくなってきてしまったのも、「ISETAN-TAN-TAN」。
ママに買ってあげたい 足が細くみえる靴
履いてゆくとこないでしょって 言わないで

パパにきっと似合う お腹へっこんでみえるズボン
手をつないであげようかな 思い切って

お金があっても無くても 買ってあげたい人がいる
その日がくるまで待っててね
晴れた空でも雨の日でも 電車にのって出かけよう
わたしが着くまで待っててね
ISETAN-TAN-TAN
いまどき、小学生ぐらいの女の子がいる家庭で、デパートでお買い物する層というのは、日本に何パーセントいるだろうか。 昼時の伊勢丹のレストラン街なんかは、年功序列・終身雇用の恩恵をフルに受けたであろう、ジジババだらけだったりする。

いまどきの典型的な家族が、気軽にお買い物でお出かけとなると、イオンモールか何かであり、昼飯はフードコードのマクドナルドや「はなまるうどん」に行列をなす、という塩梅だろう。

ニューヨーク暮らしが長いせいか、ちょっとズレてるよ。 音楽そのものとしては、本当にいいんですよ。 良いだけに、なおさら哀しくなってくるものがある。

(竹)





矢野顕子の関連記事

posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月27日

SEKAI NO OWARI - ENTERTAINMENT

音楽を聴かせるというよりも、歌詞を聞かせるタイプのアーティストたち。 しまった。

しかし、槇原敬之さんのように、一通り聞くことが苦行タイムとはならんかった。 なぜなら、その詞のオチャクラ全開度が、槇原敬之さんなんか、ぶっちぎり。一本調子の中にも、ちょっとハラハラするものがあった。 最もぶっちぎっていたのは、「天使と悪魔」。
大人VS大人の正解・不正解のバトル
TVで子供らに教える「ダレが“間違って”るか」
正義のヒーローは悪党を倒すものだと
子供はTVをみて思う「悪は滅ぼさなきゃね」
ここまで、堂々とふっきれた歌詞を書く人は、どういう人なのだろうかとウィキペデイアをあたると、こういう一文が出てきた。
高校中退後アメリカンスクールに通い、アメリカに2年留学する予定だった。しかし、言語や生活習慣などの違いから2週間でパニック障害になり、帰国。日本で精神病院の閉鎖病棟に入院。現在は完治したが、精神病の治療薬の副作用に苦しんでいた時期があった。現在も精神安定剤を服用。
「SEKAI NO OWARI」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2015年2月18日 (水) 02:06 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

精神安定剤でオチャクラ全開なのか! いや、この文章、ちょっとおかしい。 完治しているのに精神安定剤を服用!?
日本では、パニック障害の治療ではSSRIとベンゾジアゼピン系の抗不安薬の両方が使用されている。
「パニック障害」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2015年2月18日 (水) 02:06 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

SSRIというのはいわゆる抗うつ薬らしい。ベンゾジアゼピン系の抗不安薬というのを精神安定剤と呼ぶこともあるらしい。 しかし……。
不安障害に対する、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は長期的な有効性の根拠が欠如しているため推奨されず、推奨されるのは抗うつ薬のみである[2]。
「抗不安薬」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2015年2月2日 (月) 03:27 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

パニック障害か、なにかで服薬を継続しているとしたら、抗うつ薬のほうが有力となる。「精神病の治療薬」というのが、抗うつ薬のことなのか。しかし、そもそも完治したと書いてある。?

いまどき、うつ病に罹る学校の先生なんかは結構な数いるらしい。 夏目漱石もロンドン留学中に、精神をやられ、そのリハビリも兼ねて『吾輩は猫である』を書いた。 精神疾患なんか珍しくもないし、それを踏み台にして芸術に昇華させた人もいる。しかし、この人はどうなんだろうか。

これだけメジャーな人のウィキペデイアの記述が、あいまいなまま放置されているのは、腑に落ちない。オチャクラ全開的世界の合法的裏付けとして、精神疾患なり向精神薬を利用しているとすると、自分の中では辻褄があう。あくまで、自分の中で、ですよ。

(梅)





posted by ワタオン | 日本・グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月26日

坂本龍一 - Sweet revenge

「Water's Edge /君と僕と彼女のこと」という曲が面白い。
彼女はいつもの通り その日のすべてを話した
君に会っていたことも 知っていた
僕はできた奴じゃない
君を殴りとばし友情を笑えばよかったのか
こんな歌詞を、坂本龍一さんと高野寛さんという人が淡々と歌う。

「笑っていいとも」か何かだったと思う。YMOで一緒だった高橋幸宏さんが、坂本龍一さんの第一印象を「爪が汚かった」と話していた。 そんな、坂本龍一さんがオシャレとは無縁だった時代を彷彿させる、異質な曲。

その他の曲はと言うと、ポップで聴きやすいなあと思うが、これぞ坂本龍一さんという曲はない。
坂本自身が課題としていたメロディ重視のポップ路線を模索。極めて短期間に制作されたアルバムであり、そのことを坂本は朝日新聞のインタビューで「てんぷらも揚げたてをその場ですぐに食べるのが一番おいしいでしょ」と例えている。
「スウィート・リヴェンジ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2013年5月21日 (火) 22:16 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

うーむ……。揚げたての天ぷらというよりも、レンチンしたてのたこ焼きという感じで、決してまずくはないが、なんかフニャフニャで味気ない、という感じです。

(梅)






坂本龍一の関連記事
posted by ワタオン | 日本・男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ