2015年03月29日

坂本龍一 - 音楽図鑑 -2015 Edition- [Disk 2]

坂本龍一 - 音楽図鑑 -2015 Edition- [Disk 1]からの続き。)

Disk 2は、12曲中7曲が未発表曲。 既発表曲の別バージョンばかりでお茶を濁されるかなあ、という予感は良い意味で裏切られた。

音楽図鑑ならぬ、音楽工作室、ペン入れをする前の下書きのマンガのような趣き。

「SELF PORTRAIT - 04A FEATURING MINAKO YOSHIDA」。既収録曲の別バージョンだが、シンプルなメロディーに乗る、綺麗なボーカルが心地よい。

「M16 UNTITLED」。 いまどき家電量販店で売っているキーボードで再現できそうな、単調なドラム音の繰り返しなのだが、ここにまた別のこれも多分ドラムの音が乗る。 坂本龍一さんがこっからどういうふうに、肉付きをして、作品にしていくのか、興味津々。

「M33 UNTITLED」。 ウワワワーという感じで、シンセサイザーの音が広がっていく、坂本龍一ワールドの真骨頂がラストに来る。

ファンの欲目で「音楽工作室」などと表現してみたが、いかにも80年代のシンセサイザー、とう音色の曲が大半。まあ、初代収録曲のような、さんざん作りこまれた曲ががズラリと登場、というわけにはいかず、これに期待したのは、さすがにノーテンキ過ぎであった。ボツにならならければ、こっから初代音楽図鑑のような様々な生音が足し算されていく途上の曲なのだろう。

しかしながら、一聴しただけでは、こいつの良さはわからない。 何度も聴いていくと、シンプルな演奏のなかにも、脂の乗り切った、当時の坂本龍一さんの才気走る勢いというのを、じわじわと感じて来ることができる。

(松)





坂本龍一の関連記事
音楽図鑑 -2015 Edition-の全曲試聴
posted by ワタオン | 日本・男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月28日

坂本龍一 - 音楽図鑑 -2015 Edition- [Disk 1]

以前、「『音楽図鑑 ボツ曲版』というアルバムがあったら、買う。」と書いたら、本当に出た。 速攻で予約。

リマスタリングによる、音質向上の成果云々は、きっと熱心なAmazonレビュアーが取り上げるだろう、と下書きしておいたら、本当に取り上げられている。そっちにまかせる。

Disk 1には、「夜のガスパール」と「青ペンキの中の僕の涙」を新たに収録。

「青ペンキの中の僕の涙」。 「ドンドン、ドンドン」という単調なメロディーの繰り返しに、他の演奏がかぶさる。 単調ではあるが、しっかり音楽しているという、美味しい白米に美味しいごま塩のような、噛みしめれば噛みしめるほど味のある作品になっている。

ボツ曲は所詮ボツ曲じゃあないの? という声もあるだろうが、初代音楽図鑑の発売された時のメディアを考えて欲しい。 そう、LPレコード。 発売当初からもっと曲を入れられるCDであれば、ボツ曲を大量に出さざるを得なかった音楽図鑑は、全然違う作品になっていたかも知れない。

あ、既存の音楽図鑑収録曲は、無論、今聴いても飽きることがありません。

(松)

坂本龍一 - 音楽図鑑 -2015 Edition- [Disk 2]に続く。)





坂本龍一の関連記事
posted by ワタオン | 日本・男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月26日

iTunes12で音楽ファイルをDVDにバックアップする方法

無論、iTunesのライブラリは外付けハードディスクにバックアップしている。 しかし、ハードディスクはいつしか壊れるかもしれぬ。 パソコンのハードディスクと外付けハードディスクが同時にクラッシュする確率、ないこともないよなあ。 と、杞憂し始め、久しぶりにDVDにバックアップを取ることにした。

ライブラリの総容量が4GB程度以下なら、ミュージック→iTunes→iTunes Media内のファイルをそのままDVDに焼いてしまえば良い。 ここでは、DVD1枚に収まらんライブラリを、複数枚のDVDに保存するやり方。 (以前のiTunesにはバックアップの項目があった気がするが、いつの間にかなくなっていた。)

1. 新しいプレイリストを作る
 画面左下の「+」をクリック。「All」とでも名前を付けておく。

2. 「All」プレイリストに、ライブラリの曲全部を追加
 左上の[ミュージック]→[全てのアーティスト]→曲目の所を適当にクリック→[Ctrl]+[A]→「ALL」プレイリストにドラッグ&ドロップ。
(ちょっと、時間がかかる。)

3. 「All」プレイリストを、DVDにデータとして書き込む

iTunesライブラリをDVDにバックアップ(2).PNG

 空のDVD-ROMを入れる→「All」プレイリストを右クリック→[プレイリストからディスクを作成]→[データCDまたはDVD]を選択→[ディスクを作成]

iTunesライブラリをDVDにバックアップ(1).PNG

ゴゴゴゴと、書き込み開始。 ディスクが一杯になったら、次のディスクを挿入するように促され、DVDがイジェクトされるので、次のDVD-ROMを挿入していく。

iTunesライブラリをDVDにバックアップ(3).PNG

ディスクに書き込まれたファイルは、このように連番が振られて保存される。 不幸にしてバックアップから元に戻す作業が必要な場合は、これらのファイルをiTunesの画面の適当な所へドラッグ&ドロップして再コピーとなるだろう。

【参考】
iTunes 11 for Windows: 自分だけの CD や DVD を作成する
iTunes11ではどうやってDVDにバックアップを作成するのでしょうか? | Apple サポートコミュニティ

posted by ワタオン | iTunes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ