2015年04月18日

宇多田ヒカル - 桜流し (Single)

人間活動に専念、というはずなんだが、どういうわけか曲が出ている。
本楽曲は自身が主題歌を務めてきた映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの第3作、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の主題歌として書き下ろされたもの[1]。
Wikipedia 「桜流し」より。

まー、国民的アニメ映画の主題歌ともなると、巨大なカネが動くであろう、そんなかんやの甘い蜜に群がる、宇多田ヒカルさんの周囲の人々というのが見透けてしまって、興ざめするわけです。

そんなシガラミ妄想はふっ飛ばして、宇多田ワールドを聴かせてくれるかというと、そうもいかない。 「SAKURA ドロップス」という既存曲があって、「桜流し」ですよ。 最も、凡庸なのは、サビのこの部分。

Everybody finds love
In the end
愛だの恋だのという、ありきたりなJ-POPの既定路線を、お得意のアメリカ訛りの英語で誤魔化しているようにしか聴こえない。

ホント、こんなしょうもないもん作る暇があったら、結婚生活とか、育児とか、人間のハバを広げる方に専念して、ある日忽然と、新・宇多田ワールドを披露して欲しいもの。

(梅)



宇多田ヒカルの関連記事
posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月17日

下衆の極み乙女。 - ドレスの脱ぎ方

すれ違ってもアレ怖いから 目をそらしてた みんなそうだろ?
刺し違えてもしょうがないのが 文化だったろ? あれ、違ったか?

まだ寝てんのか、もう時間だろ? 晒し合いならみんなやってる
無意識なんだお前らのアレ さっきとっくに誰か刺したぞ
オチャクラ全開系J-POPであった。 歌わずに語ってるし。 メンバーがお面しているし、「SEKAI NO OWARI」臭いな〜。 どっちが先なんだろう。

SEKAI NO OWARI
別名 世界の終わり(旧バンド名)
End Of The World
出身地 日本の旗 日本 東京都大田区
ジャンル インディーロック (初期)
J-POP
活動期間 2005年 -
Wikipedia 「SEKAI NO OWARI」より

ゲスの極み乙女。
別名 ゲス乙女、ゲス
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック, ジャズ・ロック
活動期間 2012年 -
Wikipedia 「下衆の極み乙女。」より

「SEKAI NO OWARI」のほうが、圧倒的に長いオチャクラ歴であった。 んでもって、本家のほうが、キレキレなので、別にこの「バンド」ならではのユニークさは皆無。 横文字のバンド名を、ひつこい日本語にして読点付けただけだろ。

「SEKAI NO OWARI」にしても、「下衆の極み乙女。」にしても、ポテトチップスなんかの期間限定キワモノ味だと思うんですよ。 所詮はポテトチップス、これに化学調味料やなんかでヘン味なつけて、「はい、新しいですよ」とやってる。 ポテトチップスはポテトチップス、J-POPはJ-POPであって、その亜流にすぎない。

こういうもんを、好んで聴く層ってどんなんだろう。 本当は吉祥寺が良かったけど、妥協して高円寺や西荻窪のフローリングのワンルームに住んで、ヘンな伊達メガネして、電車の中だというのに馬鹿でかいヘッドホンして、一生懸命東京に馴染んだフリをしているけど、本当は地方言葉が抜け切れないのが悩み、そんなもんだろ。(ヘンケン)

(梅)


posted by ワタオン | 日本・グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月10日

華原朋美 - LOVE BRACE

オーケストラの序曲からスタート。 小室哲哉さんって、このパターン好きだよなあ。 同じく1996年発売の『globe』(Globe)もそうやん。 俺たちってオサレだろ〜と、洗練アピールマンマンの一本調子も同じ。

Just a real love night
DDIポケット(現・ウィルコム) CMソング。CMには華原本人が出演。

Wikipedia 「LOVE BRACE」より。

いやいや、全然記憶に無い。 「I'm proud [full version]」にしても、あ、なんか聞いたことがあるという程度で、今聴いても良いな〜という再開の感動は皆無。

こういう、勢いだけで噛み締めても味もなんもない、しょうもないモンに飛びついちゃう層というのは、今だとスマホは皆が持っているからスマホ、で、電車の中で電池の持ちを気にしながらどうでもいいことしてる層とかぶさると思うのですよ。 昔TK、今スマホ、これがまあ、日本はいい国だなあ、と思えるマスト・アイテムだと思うのですよ。

(梅)




posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ