2015年06月18日

松田聖子 - Best of Best 13

収録曲は以下のとおり。

1. あなたに逢いたくて ~Missing You~
2. 赤いスイートピー
3. 大切なあなた
4. 夏の扉
5. 瞳はダイアモンド
6. SWEET MEMORIES
7. 天使のウィンク
8. 20th Party
9. チェリーブラッサム
10. 輝いた季節へ旅立とう
11. 天国のキッス
12. 時間の国のアリス
13. 青い珊瑚礁
14. あなたに逢いたくて 2004 (Bonus track)

世代を問わず、知っている曲の1曲ぐらいはあるだろう。 "Best of Best"とそっけないが的を得たタイトルに、圧倒的な自信を感じる。

久しぶりに高音質で聞いた感想。 とても丁寧に作られた、ポテトチップスの各フレーバーで、楽しめます。

以前、「下衆の極み乙女。」を、所詮はポテトチップス、と断じたことを覚えている人は、1人もいないだろう。 だがこの点につき講釈を垂れる。

松田聖子さん、というか彼女に曲を提供した人たちというのは、のり塩味とか、コンソメ味みたいな定番中の定番のポテトチップスを創りだした人たちだろう。 うすしお味から変化をつけるとしたら、ここらへんまでがキワモノにならない、飽きずにまた買いたくなるラインを上手についていると思う。 英語の歌詞で変化をつけた、『SWEET MEMORIES』はカラムーチョ。

「下衆の極み乙女。」なり、SEKAI NO OWARIなんかはもう、いろんなバリエーションが出尽くしてしまい、こんぐらい奇をてらわないと買ってくれないよね、とヤケになっている節がある。

どっかのご当地ラーメンを模した、生姜醤油味の期間限定、壮絶にまずかった。 セカオワとか、精神疾患は何味になるのか想像がつかん。大体、期間限定味で、定番化した商品ってないでしょ? 彼らも、多分、音楽業界の使い捨てアイテム。

(竹)


posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月17日

宇多田ヒカル - First Love

宇多田ヒカルさんのアルバムはこれまで2作を紹介しているのだが、彼女の曲は全部iTunesに入っていて、全部ウォークマンに入れて持ち歩いていた時期が長かった。 だが、その2作以外はほとんどを消してしまった。

なんでそうなったかという理由の一つに、彼女の曲は、まあアルバムごとにがらっと作風を変えてくるというわけではないのですな。 じゃあまあ、バサッと切って、おんぼろウォークマン領域を確保しようと。

かといって、そこらのありきたりなJ-POP「アーティスト」と違って、同工異曲のオンパレードでもない。 ここらへんの、マーケティングに媚びず、離れずの距離感というのは、すごい、絶妙。

それでまあ気まぐれで、久々にデビュー作となる本作を改めて聴いてみた。 自説に「1アーティストの才能発揮限界は2作まで」というのがあって、ファーストアルバムとなると、かなりの気合をビシバシと感じるものだが、本作にはそれがない。 気負いというのもなくて、才能の一部をさらっと使ってみましたという一品となっている。

レビューはこの1センテンスでおしまい。

過去に紹介し、ウォークマンにいまでも常駐なのは、3作目の「DEEP RIVER」と5作目の「HEART STATION」。ウィキペディア見てたら、奇しくも、それぞれ、紀里谷和明さんと結婚したころと、離婚したころの作品だった。 境遇の変化が露骨に作風に反映されて、やみくもに明るくなったり、暗くなったりするわけではない。しかし、心に訴えるものは大きいからウォークマンに残っている。宇多田ヒカルさんが自分の感性を自分のコトバとスキルで表現しきれてしまう象徴なのではないかなぁと。

紀里谷和明さん、「5時に夢中!」に出ていた。アメリカに留学しました、旅行に行くのはヨーロッパとかなんとか。 進駐軍の占領時代知ってる世代ならまだしも、まだ40代でしょ? ましてや「フランスに行きたし」じゃあるまいし。 最先端を行ってるイメージを醸し出しているが、その世界観は古色蒼然とした人なんだなあ、と思いました。蛇足。

(竹)

宇多田ヒカルの関連記事


posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月16日

坂本龍一 - Playing the Orchestra 2013

うーん……。 これは松屋のカレギュウ。 一つのライスのうえに、牛丼の具とカレーが両方乗っかったアレです。 牛丼もカレーもそれぞれ単品では美味しんですよ。 しかしこれが合わせると、カレーのスパイシーさで牛丼の塩分がかなりきつくなってしまう。 カレーはカレーで、塩っ辛くなった口の中でちょっとくどくなってしまう。

日本を代表する音楽家である坂本龍一さんと、ヨーロッパ数百年の歴史を持つクラシック。 日本人のソウルフードである牛丼とインド数千年(テキトウ)のルーツを持つカレー。 どれも単品ではすばらしいが、組み合わせるならもうちょっと一工夫ほしい。

1996』は、楽器数をしぼりこんで、坂本龍一さんの世界を引き出せるだけ引き出そうという創意工夫感があったが、これはそれがない。

松屋のカレギュウ、社長がトップダウンで作ったメニューらしい。 あんなもんを通年だすのなら、トマトカレーをレギュラー化して欲しいのだが、まあ、鶴の一声がかかった商品だからして、おいそれとは外すわけにいかないのだろう。

このアルバムにも、そういう面はあるのかもしれないと妄想を広げている。 絶対、坂本龍一さんがやりたくてやっている仕事ではないだろう。

中咽頭がんを患い療養中だったが、ぼちぼち活動再開しているらしい。




「全身がんで1年で死ぬ」と公言したが、2年経っても生きている樹木希林さんとか、わざわざ病室から音声だけ中継させた筑紫哲也なんかはがんを使った売名行為じゃないだろうか。 そういうことをしない坂本龍一さんは潔い。

病気をすると、世界が違って見えてくるということはあるらしい。 ほどほど元気に、そろりと新境地を見せて欲しいものですね。

(梅)

坂本龍一の関連記事




posted by ワタオン | 日本・男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ