2015年07月23日

矢野顕子 - GRANOLA

辛いもん好きとしては、当然外せませんよねということで、蒙古タンメン中本へ行ったことがある。

熱烈な信者が語る「辛さの中の旨味」みたいなもんは、確かにある。 しかしまあ、野菜の旨味抽出するのなんか、シロウトでも簡単でしょと。 その上に、辛いだけのドロドロ(麻婆豆腐と主張)のってるだけでしょと。 何より、なにこれスーパーの野菜売り場の棚の底に散らばってるやつもらってきたのか? というレベルで細々とした野菜に失望。

セブンイレブンで、こいつのカップ麺版を見つけた時も、大した期待はしていなかった。 担々麺も続いたし、ちょっくら試してみるかというモチベーション。

だがしかし、こいつがなかなかのもので、リピートするに至る。 まあちょっと、店で1,000円近く払うもんとしては落第もいいところなのだが、カップ麺のジャンク感と、プライベートブランドにしては冒険したなあという塩梅の辛さ具合が、いいようにマッチしている。

天下のセブン&アイだが、守りに入らず、受け付けないヒトには受け付けないであろう、きっちり辛いもんを出してくるあたり、「やるじゃない」と。

表題のアルバム、「風をあつめて」が一番のお気に入り。これ、原曲ははぴいえんどだとは知らずに、長年聴いていた。 で、原曲も聴いていい、と。 どんなところがいいかというと、とにかくいいものはいい。

収録曲

わたしたち (作詞・作曲:矢野顕子)

風をあつめて (作詞:松本隆 作曲:細野晴臣)
はっぴいえんどの曲のカバー。原曲は『風街ろまん』収録。
DVD『LIVE ピヤノアキコ。』に、ピアノ弾き語りによるライブ演奏が収録。

やがて一人 (作詞:藤富保男 作曲:矢野顕子)
前作の「一分間」に次ぐ、藤富の詩を用いた作品。ジャズ色の強い「一分間」に対し、本曲はロック色が強い。

Un Jour (作詞:佐野元春 作曲:矢野顕子)

無風状態 (作詞・作曲:細野晴臣)
はっぴいえんどの曲のカバー。原曲は『HAPPY END』収録。

花のように (作詞・作曲:矢野顕子)
杉浦幸に楽曲提供され、グリコ協同乳業のコマーシャルソングとして用いられた曲の、セルフカバー。
ライブアルバム『出前コンサート』に、ライブ演奏が収録。

ふりむけばカエル (作詞:糸井重里 作曲:矢野顕子)
1987年4月NHK「みんなのうた」にて放映。
ライブアルバム『出前コンサート』に、ライブ演奏が収録。

Levee Break (作詞:矢野顕子 作曲:矢野顕子、窪田晴男)

Röslen auf der Heiden (作詞:近藤朔風 作曲:Heinrich Werner)
ピアノ弾き語りによる、ジャズ色の強い編曲による演奏。

自転車でおいで (作詞:糸井重里 作曲:矢野顕子)
佐野元春がデュエットで参加。
のちに、槇原敬之と共にセルフカバーをしている。(『はじめてのやのあきこ』収録)

おおきいあい (作詞:矢野顕子 作曲:窪田晴男、矢野顕子)
のちに、レイ・ハラカミと共にセルフカバーを行っている。(『yanokami』収録。yanokami名義)
ウィキペディア 「GRANOLA」より。

もうもう、カバーやらセルフカバーのオンパレード。 なんだが、当代きっての歌うコピー機、May J.さんのように、「お前の持ち歌は何なんだ」というツッコミは、矢野顕子さんにはないなあ。 多彩なジャンルの曲を、きっちり自分の世界にしてしまうところが、矢野顕子さんのすごさ。

前作『峠のわが家』が、食べたことはないが満漢全席なら、こっちはお手軽に食べられるが、仕事はしていて満足感を得られるラーメン。 比較的に気楽に作った感はあるのだが、それでも矢野顕子さんワールドは、のびのびと感じ取れるあたり、矢野顕子さん、「やるじゃない」と。

(竹)


矢野顕子の関連記事




posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月18日

Yellow Magic Orchestra - YMO In The '90s The Pete Lorimer Remix

油そば、と聞いて、「ああ、あれね」とわかる人は、このブログを読んでくれている人の十人に一人もいないだろう。 どういうもんかというと、スープのないラーメン。 少量のタレとラード(多分)に、麺をからめていただく。

「油」と名前が付くが、油分はラーメンより少ないらしい。 わっせわっせとタレと麺を混ぜ、タレと油分が濃厚に絡まった麺をすするのは、なかなか楽しい一時。

諸説があるが、この油そばの元祖と言われているのが、「珍珍亭」。 食べに行ったことがあるのだが、太麺に、ガツリと塩味の効いた醤油タレ、そしてそれを中和させるネギがいい働きをして、ジャンクなんだけど、しっかり作りこんであるなあ、という味を堪能できた。

で、そのインスタント版がマルちゃんから出たんで、迷わず買いましたよ。 その再現度はというと……。

最低。

インスタント焼きそばと変わらん縮れ麺は、本家のそれとは似ても似つかない。 そして、一口目にウッとなる、インスタント面独特の粉臭さ。タレの絡めぐらいが足りんかったかなと、再度混ぜてみるが、変わらず。 タレの残った、最後の一口二口目で、やっとこさ、本家の雰囲気が伝わるぐらい。

ちょっとこれはあまりにひどすぎる。 本家で、近所の亜細亜大学生が、「今月は●回食べれた」とか言ってるものとは、似ても似つかない代物。 あーあー、200円かそこらだが、この10年位で、最もしょうもない買い物となった。

タイトルのアルバム、オリジナルのYMOを、ズンチャカチャカ色付けしただけものもの。 オリジナルのネームバリューに負んぶに抱っこのしょうもないもの、という点で、マルちゃんの珍々亭油そばと共通している。

こんなもんがiTunesのライブラリに入っているのは、私の人生の黒歴史の一つ。 YMOにとっては、これが今なおYMO名義で売られていることは、アルファ商法の汚点。 そして、パッケージに顔写真まで晒している珍々亭の店主にとっては、人生最大の「欲かいて全てを台無し」の典型だろう。

(梅)


posted by ワタオン | 日本・グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月16日

渡辺香津美 - KYLYN

近所にわりと有名ドコロのラーメン屋があり、もう開店して何年も経つというのに、日曜の昼時となると行列ができている。 ラーメンに行列など、まっぴら御免なんで、時間帯をずらして何度か食べに行ったことがある。

味は昔ながらの、ザ・中華そば。 醤油のスープに、やわやわの細麺。

奇をてらわない王道を行く味を、丁寧に守っている。 進化を拒み、既得権に甘んじているとも言える。

私はこの店に対しては、どっちかというと後者のほう寄り派で、近所の繁盛店だというのに、年1回行くかどうかという具合。 しかし、「さあ今日は何にしようか」と言い合っている客もいるからして、前者派の根強いファンもいるのだろう。

渡辺香津美さんの代表作らしい本作もまた、ザ・フュージョン。 確かな技巧で、手堅く聴かせてくれる。 うーむ。 しかしながら、心をしびれさせる何かがあるかというと、私にはないなあ。 SEKAI NO OWARIなんかを、ポテトチップスのゲテモノ味と言いつつも、やっぱ、目先の刺激がないとダメなのかも。

(梅)


posted by ワタオン | 日本・男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ