2016年02月29日

中森明菜 - FIXER

中森さんの最新作だがこれはダメだ。 ダメなところ3点。

安っぽいアルバムジャケット

中森明菜さんのアルバムのなかでは、『BEST FINGER 〜25th anniversary selection』につぐショボさ。カメラのキタムラでポートレート撮って、適当にありものの画像と合わせればできてしまいそうな雰囲気。 初回限定盤と通常版で顔写真を変える芸はある。だがこれ、レイヤー1枚入れ替えただけだろう。

オトク感を出そうとして貧乏臭い

「Rojo -Tierra-」と「unfixable」の2曲のアルバムバージョンが収録されている。 通常バージョンも収録されている。 こういうのは、シングル買った人をまた買わせるために収録させるのが常套手段だと思うのだが、両バージョンをいきなり載せるのは珍しい。 お得といえばオトクなんだが、もう入れられるもんは入れちまえというナゲヤリな姿勢を感じられてしまい、貧乏臭くもある。

圧倒的な声量不足

シングルを速攻ダウンロードした「Rojo -Tierra-」の時にはこれも味のうち、と感じていていた。 だが、これが続けざまにくると、もう悲しくなってくる。 30代、40代と夜半を重ね、味を感じさせて来てはいた。ここまで来ると、萎びたみかんを食わされる気分になってくる。

50代、それは仕方のないことなのかもしれない。 しかしながら矢野顕子さんなんか、還暦超えですよ。 それでいて、あのユニークな世界を断じて壊さない声質をキーブなさっているんですよね。 もうちょっと周囲の思惑に当事者がついていけてないのではないか、とひしひしと感じながら、歌姫シリーズを聞き直していたりしている。

(梅)


posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月28日

Perfume - (triangle)

YMO聴くならこれも聴いとけというネット世論があるので、聴いてみた。 要するに3人組でテクノっぽい音以外になにがどう繋がるのか皆目わからない。

だってこの人たち、楽器演奏してないどころか、生声で歌って聴かせる気も全然ないじゃないですか。 人に作ったもん歌わされているっていう店でAKBとかと変わらない。 ちょっと知的風味にしてみました、程度だろう。

知的風味にしても、ちょっと中途半端。 本当は丸の内に本社のある会社勤めしたかったけど、妥協して亀戸あたりの雑居ビルでOLをしているわたくし、みたいな負のオーラを感じずにはいられない。独断と偏見。

(梅)


posted by ワタオン | 日本・グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

細野晴臣 - Heavenly Music

ロックのリズムに日本語を乗せ、YMOで日本人の西欧コンプレックスを逆手に取り大ブレイクし、アンビエントに凝った細野晴臣さんの最新作。 2013年発売。

この時期の細野晴臣さんのことは、勝手にやすらぎの脱亜入欧期と呼んでいる。 常にオルタナティブな存在たろうとしていた感じの脂がすっかり抜ける。 生声にシンプルな生音、そして本作ではなんのてらいもなく英語の歌詞を歌いあげて行く。

細野晴臣さんの渋い低声というのは、どちらかというと、ちょっとシニカルに作品に色を添える存在だった。 (端的にいうと、『Service』(Yellow magic Orchestra)での、空気を読まず気功をしだす人。) 脱亜入欧期の細野晴臣さんのこれでもかという歌声を聴いていると、「なんだスパイスじゃなくて主食として行けるではないか」と再発見できる。

アンビエント期を経て、なんでまたこんな境地に辿り着いたのですかねぇ、ということは、ちょっとお勉強してみてわかったら、書きます。

(竹)






posted by ワタオン | 日本・男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ