2016年02月09日

Google Play Music(非Chrome環境)のミュージックマネージャーで曲を手動アップロードする方法

Google Play Musicのロッカーという、手持ちのMP3や非DRMのAACをクラウド保存・再生してくれる機能は便利に無料で使わせてもらっている。

最近いわゆる格安SIMというのを導入、これには低速モードといって月のパケット数上限をカウントしないモードがある。 これとGoogle Play Musicを組み合わせ、自分のライブラリをスマホの電波が入る限りは、すべからず呼び出すことができるようになった。

だがしかし、ごくまれにiTunesに登録した曲が上手くアップロードできない時があるんですな。 そんな時のための、忘備録。

※ChromeでGoogle Play Musicを使用している人は、ブラウザからアップロード対象を決め打ちできる模様。 筆者はFirefox使用なので、この手順が必要になる。

1. アップロードされなかった曲のプレイリストをiTunesで作る

手動アップロード(1).PNG

プレイリスト名は適当に。 ここでは「手動アップロード」としてある。

2.ミュージックマネージャーで音楽プレーヤーの場所を変更

手動アップロード(2).png

手動アップロード(3).PNG

何かが失われると言っててくるが、iTunesのライブラリもアップロードした曲も失われるわけではないので、続行。

3. コレクションの保存場所としてiTunesを選択

手動アップロード(4).PNG

[次へ]→[はい]

4. プレイリスト指定でアップロードを選択

手動アップロード(5).PNG

[次へ]

5. 1.で作ったプレイリストをアップロード対象として指定

手動アップロード(6).PNG

[次へ]→[はい]

要するに、ダミーのプレイリストを作り、それを決め打ちさせるという考え方。 いったん同期状態をクリアして再度マッチングさせるやり方も試したが、これは相当量の曲が再アップロード体制に入ってしまう。 今のところ、これが、モア・ベターなやりかた。

posted by ワタオン | Google Play Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月07日

細野晴臣 - HOSONO HOUSE

この4ヶ月ぐらい、細野晴臣さんのアルバムライブラリを増やすということに執心していた。お約束なんか壊しちまえという野心なり茶目っ気を感じつつも、決して奇をてらったイロモノではないところに心惹かれている。

Amazonを漁り、大きめのTSUTAYAを漁り、iTunes Storeで衝動ダウンロードし、Amazonに戻りその中古価格のべらぼうな高さにため息をつき、街の図書館で見つけほくそえんだりと、充実した音楽鑑賞活動を過ごせている。

細野晴臣さんのアルバムの半分くらい(Amazonを見ているとWikipediaにのってないアルバムが出てきたりするので、正確なところは分からない)を網羅したところ。 なんとなーく、作風を変えつつも共通して伝わってくるものが感じられるということで、見切り千両も承知で投稿してみる。

とりあえず、今後も続くであろう投稿のために、細野晴臣さんの作風を5期に分けるという定義付けからお付き合い下さい。

ソロ黎明期
1970年代前半。唯一作『HOSONO HOUSE』。

とんがった入亜脱欧期
1970年代中盤~後半。独断による代表作『はらいそ』。

YMOの名残期
1980年代前半〜中盤。独断による代表作『S・F・X』

環境音楽期
1980年代中盤〜1990年代。独断による代表作『ナーガ』

安らぎの脱亜入欧期
2000年代。独断による代表作未定。

個々の期がどんなもんかということは、いずれ個々の作品紹介記事にて。 この記事のタイトルにした『HOSONO HOUSE』は、ソロ黎明期のものとした。はっぴいえんどの延長線上の、ロックを日本語に乗せるという試みの集大成と言えるだろう。 いまどきのJ-POPなんかは、結局、これにキワモノ味をつけたものにすぎないと思うのですよ。

だが、 そのスピリッツをより感じられるのは、はっぴいえんどだろう。これをチェックするなら、とりあえず『風街ろまん』から入るのがオススメ。

(竹)

細野晴臣の関連記事








posted by ワタオン | 日本・男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ