2016年04月15日

宇多田ヒカル - 花束を君に(Single)

宇多田ヒカルさんの3年半ぶりの新曲。アルバム出るまで待つか、とも書いたが結局速攻でダウンロード購入。(朝のドラマとか夜のニュースは先入観つかないように、意識してチェックしないようにしていた。)

花束を君に贈ろう
愛しい人 愛しい人
どんな言葉並べても
君を讃えるには足りないから
今日は贈ろう 涙色の花束を君に

出会いや生の歓びを紡ぐのでないかという勝手な予想は見事に裏切られた。 「突然の別れ」をモチーフとした作品となっている。

前作「桜流し」に比すればその悲壮感一辺倒からすこし離れ、前向きさを感じる。 だが、いかにも公共放送を意識しました的、無難な前向きさ。

作りたいもんがあって、そこの載っかる人たちが出てくるのか、載っかるの前提で曲を紡いでいくのかは知るよしもない。だが、「新聞なんかいらない 肝心なことが載ってない」と言い放つ自由さが無いのは確か。堅苦しくも感じる。

まあ、いろいろ大変なんでしょうね。

(竹)


posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月13日

宇多田ヒカル - ULTRA BLUE

宇多田ヒカルさんはめっきり聴かなくなりました。 一時期は容量4Gしかないウォークマンに全曲詰め込んでリピートしていたんですけどね。

自分のコトバで自分の世界を伝えてくれる稀代のアーティストであることは論をまたないだろう。 だが、コマーシャルを意識した臭というのも濃厚であり、その匂いが鼻をついてくることも確か。 本作は「タイトルがBLUEなのに、ジャケットの衣装は赤とはいかに?」とかなんとか提灯持ちジャーナリストが語っていたと記憶。

かなり売らんがな精神が透けてしまっている本作だが、『DEEP REVER』と『HERT STATAION』は違う。 無論売ることは必要だが、なんというか、ありふれた言い方なのだがソウルを感じる作品。 それぞれ、結婚、離婚直後の作品。

再婚、出産を経た宇多田ヒカルさんがどういう世界を切り拓いてくれるかというのを非常に楽しみしている。 シングル配信で入手するか、アルバム出るの待つか考え中。

(竹)


posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月11日

Miles Davis - Kind of Blue

ジャズに親しもうとして挫折したという経験が2回ほどある。 だがジャズを楽しめないのは人生の何分の一かを損しているのではないかという思いが常にあり、3度目の挑戦中。 ド定番らしいこのアルバムで。

うーん……。 やっぱり、すんなりその世界にのめり込めないんスよね。

そうなる理由は二つあって、一つ目はちょっとそのネットにおけるウンチク情報の多さ。ウィキペディアなりレビューなりを開くともう、楽器がどうした、リマスタリング効果がどうだっていう、そんなのが溢れかえっているでしょう。

方や、マイルス・デイビスさんはというと、ジャズはこうだと言っている。
「ジャズを聴くのに理屈をこねちゃあいけない。オレも『楽しい』演奏をしているだけさ。そして、聴いている人も『楽しい』のなら最高さ。」
『驚こう学ぼう楽しもう』(木村太郎、講談社インターナショナル刊)

ジャズ好きを自認する日本人というのは、なんだかご飯をフォークの背中に載せているような無理を「楽しんでいる」ような気がする。

もう一つは、伸びゆくトランペットとか精緻なドラムの音とか、確かにすごいとは思う。思うのだが、もっぱらそれ一辺倒で飽きてしまうというのがある。 いくら旨いステーキでもこんな量食えるかよ、ということ。 花鳥風月を愛でる日本人にはちょっと壮大過ぎ、南蛮渡来ということでありがたがっているという面はないだろうか。

とは言いつつ、相当に熱く語るという人がいるということは、見知らぬ相当な何かがあるのだろう。 お薬を飲む感覚で、半ば強制的に流してみたりを繰り返している。

(竹)


posted by ワタオン | 欧米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ