2014年12月31日

細野晴臣 - Philharmony

LPで発売された時のジャケットの帯には「一生懸命作りました」と書かれている。
「フィルハーモニー」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2014年2月19日 (水) 10:37 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

総演奏時間38分と短めなんだが、物足りない感皆無。細野晴臣さんが、その当時の心境で、やりきったことをぎゅっと濃縮させた感満載。

「Living-Dining-Kitchen」
→「Birthday Party」
→「Sports Men」
あたりの流れが特にそうなんだが、騒と寂の組み立てが絶妙。

「Luminescent/Hotaru」、「Birthday Party」。私のiTunesにたまっている範囲内では、
ガムランを使ったのは、このアルバムが初めて。新しいものを取り入れつつ、それがあざとくならない。自分の音楽のための手段として、さらりと使いこなしてしまうところが、さすがではありませんか。

(竹)

細野晴臣の関連記事





細野晴臣の関連記事
posted by ワタオン | 日本・男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ