2015年01月08日

東京エスムジカ - Switched-On Journey

World Scratch』にピンと来た人なら、こちらもチェック。

Song for Journey

瑛愛(YongAe)さんと平得美帆さんの、ツインボーカルがメインの、初期と現在の東京エスムジカ。しかし、曲オンリーのこの曲もなかなか。

しっとりとした、デパートの閉店時に流れてきそうな曲なのだが、ピアノに沖縄の三線を組み合わせてくるという荒業。それが、ちっとも違和感がない。やるじゃない、早川大地さん。

風の行方

アルバムラストの曲から、一番始めの曲に飛ぶ。
愛し愛され合う人は きっと誰もが
孤独に泣いた夜を知ってるから
だから今はあのころよりもっと素直に
言えるよな気がするよ 良く聞いて
アイラビュー アイラビュー アイラビュー
新しい未来へ進むための
アイラビュー アイラビュー アイラビュー
それぞれの言葉で交わしたアイラビュー
愛だの恋だのという、J-POPの定型的なパターンにはうんざりなのだが、この曲は、よりによって「アイラビュー」なんである。ここまで開き直って、愛だの恋だのど真ん中をついてくると、むしろ心地よい。

J-POPのありがちな線を、あえて、グサリと突いてきているじゃないだろうか。早川大地さん、やるじゃない。

(松)







東京エスムジカの関連記事


posted by ワタオン | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ 先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。