2015年06月16日

坂本龍一 - Playing the Orchestra 2013

うーん……。 これは松屋のカレギュウ。 一つのライスのうえに、牛丼の具とカレーが両方乗っかったアレです。 牛丼もカレーもそれぞれ単品では美味しんですよ。 しかしこれが合わせると、カレーのスパイシーさで牛丼の塩分がかなりきつくなってしまう。 カレーはカレーで、塩っ辛くなった口の中でちょっとくどくなってしまう。

日本を代表する音楽家である坂本龍一さんと、ヨーロッパ数百年の歴史を持つクラシック。 日本人のソウルフードである牛丼とインド数千年(テキトウ)のルーツを持つカレー。 どれも単品ではすばらしいが、組み合わせるならもうちょっと一工夫ほしい。

1996』は、楽器数をしぼりこんで、坂本龍一さんの世界を引き出せるだけ引き出そうという創意工夫感があったが、これはそれがない。

松屋のカレギュウ、社長がトップダウンで作ったメニューらしい。 あんなもんを通年だすのなら、トマトカレーをレギュラー化して欲しいのだが、まあ、鶴の一声がかかった商品だからして、おいそれとは外すわけにいかないのだろう。

このアルバムにも、そういう面はあるのかもしれないと妄想を広げている。 絶対、坂本龍一さんがやりたくてやっている仕事ではないだろう。

中咽頭がんを患い療養中だったが、ぼちぼち活動再開しているらしい。




「全身がんで1年で死ぬ」と公言したが、2年経っても生きている樹木希林さんとか、わざわざ病室から音声だけ中継させた筑紫哲也なんかはがんを使った売名行為じゃないだろうか。 そういうことをしない坂本龍一さんは潔い。

病気をすると、世界が違って見えてくるということはあるらしい。 ほどほど元気に、そろりと新境地を見せて欲しいものですね。

(梅)

坂本龍一の関連記事




posted by ワタオン | 日本・男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ