2015年06月17日

宇多田ヒカル - First Love

宇多田ヒカルさんのアルバムはこれまで2作を紹介しているのだが、彼女の曲は全部iTunesに入っていて、全部ウォークマンに入れて持ち歩いていた時期が長かった。 だが、その2作以外はほとんどを消してしまった。

なんでそうなったかという理由の一つに、彼女の曲は、まあアルバムごとにがらっと作風を変えてくるというわけではないのですな。 じゃあまあ、バサッと切って、おんぼろウォークマン領域を確保しようと。

かといって、そこらのありきたりなJ-POP「アーティスト」と違って、同工異曲のオンパレードでもない。 ここらへんの、マーケティングに媚びず、離れずの距離感というのは、すごい、絶妙。

それでまあ気まぐれで、久々にデビュー作となる本作を改めて聴いてみた。 自説に「1アーティストの才能発揮限界は2作まで」というのがあって、ファーストアルバムとなると、かなりの気合をビシバシと感じるものだが、本作にはそれがない。 気負いというのもなくて、才能の一部をさらっと使ってみましたという一品となっている。

レビューはこの1センテンスでおしまい。

過去に紹介し、ウォークマンにいまでも常駐なのは、3作目の「DEEP RIVER」と5作目の「HEART STATION」。ウィキペディア見てたら、奇しくも、それぞれ、紀里谷和明さんと結婚したころと、離婚したころの作品だった。 境遇の変化が露骨に作風に反映されて、やみくもに明るくなったり、暗くなったりするわけではない。しかし、心に訴えるものは大きいからウォークマンに残っている。宇多田ヒカルさんが自分の感性を自分のコトバとスキルで表現しきれてしまう象徴なのではないかなぁと。

紀里谷和明さん、「5時に夢中!」に出ていた。アメリカに留学しました、旅行に行くのはヨーロッパとかなんとか。 進駐軍の占領時代知ってる世代ならまだしも、まだ40代でしょ? ましてや「フランスに行きたし」じゃあるまいし。 最先端を行ってるイメージを醸し出しているが、その世界観は古色蒼然とした人なんだなあ、と思いました。蛇足。

(竹)

宇多田ヒカルの関連記事


posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ