2015年06月18日

松田聖子 - Best of Best 13

収録曲は以下のとおり。

1. あなたに逢いたくて ~Missing You~
2. 赤いスイートピー
3. 大切なあなた
4. 夏の扉
5. 瞳はダイアモンド
6. SWEET MEMORIES
7. 天使のウィンク
8. 20th Party
9. チェリーブラッサム
10. 輝いた季節へ旅立とう
11. 天国のキッス
12. 時間の国のアリス
13. 青い珊瑚礁
14. あなたに逢いたくて 2004 (Bonus track)

世代を問わず、知っている曲の1曲ぐらいはあるだろう。 "Best of Best"とそっけないが的を得たタイトルに、圧倒的な自信を感じる。

久しぶりに高音質で聞いた感想。 とても丁寧に作られた、ポテトチップスの各フレーバーで、楽しめます。

以前、「下衆の極み乙女。」を、所詮はポテトチップス、と断じたことを覚えている人は、1人もいないだろう。 だがこの点につき講釈を垂れる。

松田聖子さん、というか彼女に曲を提供した人たちというのは、のり塩味とか、コンソメ味みたいな定番中の定番のポテトチップスを創りだした人たちだろう。 うすしお味から変化をつけるとしたら、ここらへんまでがキワモノにならない、飽きずにまた買いたくなるラインを上手についていると思う。 英語の歌詞で変化をつけた、『SWEET MEMORIES』はカラムーチョ。

「下衆の極み乙女。」なり、SEKAI NO OWARIなんかはもう、いろんなバリエーションが出尽くしてしまい、こんぐらい奇をてらわないと買ってくれないよね、とヤケになっている節がある。

どっかのご当地ラーメンを模した、生姜醤油味の期間限定、壮絶にまずかった。 セカオワとか、精神疾患は何味になるのか想像がつかん。大体、期間限定味で、定番化した商品ってないでしょ? 彼らも、多分、音楽業界の使い捨てアイテム。

(竹)


posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ