2015年07月04日

Windowsユーザーが3ヶ月無料のApple Musicを楽しむための3か条

2015年7月1日からサービスを開始した定額制音楽配信サービスApple Music。 Windows用のiTunesでも楽しむことができる。 Wi-Fiに接続したり、パケット残量を気にする必要のあるモバイルデバイスよりも、光回線などにつながったiTunesのほうが、その真髄を味わえるのではないだろうか。 無料トライアル期間も3ヶ月と、結構な期間がある。

そこで、非iPhoneユーザがiTunesでApple Musicを楽しむための、最低限3項目を紹介。

最新版のiTunes(12.2)が必要

赤いアイコンのiTunesでは、何をどう逆立ちしてもApple Musicには対応していない。最新版の、淡い赤、青そして紫のアイコンのiTunesをダウンロードしてインストール。

iTunesのダウンロードはこちらから。

https://www.apple.com/jp/itunes/download/

サービスの自動更新をオフにしておく

デフォルトでは、9月30日以降、最低月980円課金判定される自動更新がオンになっている。 Apple Musicに登録すると届く、「Apple Music個人メンバーシップ 購読開始のお知らせ。」というメールからの方法は、すでに書いた。

ここでは、iTunesの画面から直接オフにするやり方。

AppleMusicの自動更新を解除(1).png

右上のフレンドリーに下の名前で呼ばれている所をクリック
→「アカウント情報」を選択
→パスワードを入力

AppleMusicの自動更新を解除(2).png

ズズーと下までスクロール、「購読」の項の管理をクリック。

私はすでに、メールから自動更新解除をしているので、こういう画面が出てきた。

AppleMusicの自動更新を解除(3).png

まだの場合は、下の画面のはず。

AppleMusicの自動更新を解除(4).PNG

自動更新の項をオフに変更→終了。

「購読」という名前と、その機能が結びつかず、難儀した。 この項目、英語版では「subscription」となっている。 これは端折らずに「定期購読料」と表示して欲しい。 確信犯だろ。

画面の+をクリックするのは、ちょっと待て

右上の方のこれ。

iCloudミュージックライブラリ(1).PNG

間髪をいれず、こんな画面が出てくる。

iCloudミュージックライブラリ(2).PNG

iCloudミュージックライブラリを有効にすると、気に入った曲を自分のライブラリとシームレスに再生できたり、DRM(コピーガード)付きではあるが、ダウンロードできたりする。 しかし、iTunesが覚醒モードに入ってしまうので、次のセンテンスを読んでからにしたほうがいいですよ。

iCloudミュージックライブラリは、自分のライブラリと、Appleの楽曲データベースとのマッチングを開始する。 Appleの楽曲データベースにある曲は、「Apple Music」というフラグを立てる。 そして、ない曲は、Appleのサーバーにファイルをアップロードし始める。

どうやらiTunes Matchと同じ挙動、iPhoneを持っていれば、パソコンのライブリの曲もiPhoneなどで転送なしで再生できますよ、という機能らしいが、iPhoneもiPadも持ってないから要らない。

この動作、Apple Music導入2日目に、曲のプロパティを何気なく見ていて気がついたのだが、大半の曲が待機中だった。 何日かけて、どのくらいの転送量になるか見当がつかない。 モバイルルーターでネットにつなげている人なんかは、非常に危険な機能と言える。

もう、有効にしちまったよ! という人ための、iCloudミュージックライブラリ解除方法は、長くなってしまったので、次の記事へ。


posted by ワタオン | iTunes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ