2015年07月04日

Apple Musicに抱き合わせしてくるiCloudミュージックライブラリの解除方法(iTunes)

Apple Music自体は、当然知っていそうで知らんかった音楽と邂逅させてくれる、すばらしい発想。 しかし、iCloudミュージックライブラリという、自分のライブラリのMP3ファイルまでドサドサ送信しはじめるサービスが、さらっと導入されてしまうのはいただけない。

こいつを、うっかり有効にしちまったよ! という場合の、iCloudミュージックライブラリ解除方法。

iCloudミュージックライブラリの解除.PNG

左上の■□
→設定
→iCoundミュージックライブラリのチェックを外す。

まあ、要するにいつもの設定画面でチェックを外すだけでOK。 iCloudミュージックライブラリが有効になってるかどうか、よく分からん場合は、

ライブラリの適当な曲を右クリック
→プロパティ
→ファイル

iCloudミュージックライブラリ(3).PNG

この画面で「iCloudの状況」という項目ができていたら、手持ちのMP3ファイルが、ガンガンAppleのサーバーにアップロードされ始めている。 そして、Appleのデータベースにある曲は、iPhoneなんかでは、有無をいわさずそっちを優先させられるらしい。

所詮は圧縮音源であり、ビットレート低下による音質云々は、個人的にはどうでも良い。 しかしまあ、iTunes Matchが成功したならば、こんなアザトイやり方で、似たようなもんを推してくることはないだろう。スティーブ・ジョブズ亡き後のAppleは、どこへ行こうとしているのでしょうかねぇ。
posted by ワタオン | iTunes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ