2015年08月08日

Yellow Magic Orchestra - TECHONODELIC

1981年発売。

陰鬱で重い路線を継続。 同じようなリズムがアタマの中を、ウネウネウネウネと回る回る。 だが、決して聞き飽きるということがなく、何回聞いても、「やっぱりこれはいいなぁ」ということになる。

土台がきっちりしているということは、むべなるかな。 曲と曲とのつながりも、相当に練り込み、飽きない工夫をしているのだろう。 とくに、『階段 STAIRS』から『京城音楽 SEOUL MUSIC』のつながりが秀逸。 「あれあれ、曲が変わった!?」と思わせる間もなく、別の世界へと引き込まれていく。

一番のお気に入りは、「新舞踊」。 バリ島のケチャ・ダンスのボーカルを取り入れている。 まあ、伝統音楽を新舞踏と題するあたりは、ちょっと、古色蒼然とした世界観。しかし、1980年代ということを鑑みると、これは、画期的。( 同じくインドネシアのガムラン音階も取り入れているのだが、これは細野晴臣さんが、ソロ・アルバムですでにやっている。)

「YELLOW MAGIC ORCHESTRA」→「SOLID STATE SURVIVOR」の流れと同じく、前作「BGM」から1年を待たずして登場。 実験的な、作りたいモンを作る→大衆目線まで降りてきて、受けそうなモンを作るというのが、規定の流れになっていたのかもしれない。

ちなみに、「BGM」と「TECHNODELIC」からは、「UC YMO」に2曲ずつしか入っていない。 したがって、中期のYMOの世界を楽しもうとしたら、原典にあたるしかないのですな。

(松)

Yellow Magic Orchestraの関連記事


タグ:オススメ!
posted by ワタオン | 日本・グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ