2015年08月23日

Yellow Magic Orchestra - SERVICE

1983年発売の、イヤな仕事は断るのも仕事のうち、と教えてくれるアルバム。

このアルバムのプロモーションを兼ね、3人が出演したFM番組を、YouTubeで聞いたことがある。 高橋幸宏さんが、「とっても仲良しのYMO」を、不自然なぐらい強調していた。

本作の作詞作曲の分業体制を見てみよう。

service-ymo.PNG

ウィキペディア 「サーヴィス」より。

見事に、細野晴臣さんと坂本龍一さんの組み合わせが、ナイ。 やはり不仲だったのだろう。

すでに解散が前提だったため、メンバー間の衝突はなく、穏やかに作業が進められたと高橋はコメントしている。
ウィキペディア 「サーヴィス」より。

いや、もう、衝突する気力も無くなり、そうは言いつつもYMOという夫婦関係を維持させるに腐心するに至ったというのが、妥当ではないか。

「浮気なぼくら」を、ほぼ英語歌詞版バージョンにして目先を変えてみましたヨ! という印象。 ピーター・バラカンさんのセンスの良さが光るが、YMOならではのモンがあるかというと、ちょっと苦しい。

何より、三宅裕司さん率いる劇団「S.E.T」のコントを挟むという形態、「増殖」でスネークマン・ショーを挟んだ二番煎じ、自己模倣じゃないすか。 「増殖」のような、音楽とコントが溶けこむ感も、笑いの影のメッセージ性もなし。

iTunesのプレイリストで、S.E.Tの項は全除きした、「S.E.T抜きService」を作った。そして、YMOの作品にしては珍しい、3人の個性が強く前面に出てきている、YMOの変わり種として楽しんでいる。

(竹)

Yellow Magic Orchestraの関連記事

posted by ワタオン | 日本・グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ