2016年02月14日

Google Play MusicにUbuntuのChromeからアップロードさせてみた(冗長)

なんでもかんでもクラウド頼みというのは危険だと思う。 しかしながら「小さなパソコン」であるスマートフォンなりタブレットなりで事足りる場面というのは確実に増えている。 そして、あくまで各データの本籍地がパソコンというわけにもいかなくなって来ている。

ということで、現状CDを吸出しiTunesライブラリに追加のタイミングで曲をアップロードさせているGoogle Play Musicを、別の端末からやってみましょうかという試み。

使用した端末は、linuxBeanというUbuntu派生のディストリビューションというやつ。 Ubuntuというのは要するに無料のOS。WindowsもOSであるが、カネを払わなければいけないか否かというのが大きな違い。 この試みが成功すれば、脱WindowsしてMicrosoftというデファクト・スタンダードにお金を払い続けることをやめれる方向へ一歩、近づくことができる。

Asunderというソフトがプリインストールされてたので、こいつで吸い出す。

UbuntuでGooglePlayMusicに登録(1).png

CDDBに登録がないアルバムであった。(TUTAYAで108円で拾ってきたレンタル落ち商品。) iTunesなら気の利いた登録がないことはないが、この辺は想定の範囲内なので、ポチポチとコピペ。

UbuntuでGooglePlayMusicに登録(2).png

OGGというフォーマットがGoogle Play Musicに対応しているらしいので、それで吸出し。


UbuntuでGooglePlayMusicに登録(3).png

ここらへんの、吸出し状況が分かりやすいところは、何気に楽しい。


UbuntuでGooglePlayMusicに登録(4).png

ChromeでGoogle Play Musicを開き、アップロード開始。


UbuntuでGooglePlayMusicに登録(5).png

失敗。曲が飛び、途中でアップロード終了。


UbuntuでGooglePlayMusicに登録(6).png

Chrome内アプリがアップロード待機状態のままなので、一旦削除。 MP3で吸出し。
※MP3で吸い出すためには、別途lameエンコーダのインストールが必要。Synapticパッケージマネージャから。Synapticがなければ、Ubuntuソフトウェアセンターから。


UbuntuでGooglePlayMusicに登録(7).png

成功! アルバムジャケット画像はGoogle Play Music が自動付与したのだが、ついているものといないものがある。 個別に画像ファイルをアップロードも、いつの間にかできる。だが、まあ、アルバム一覧でわかるから省略。

それぞれの曲のプロパティを見ていて(曲の右の「:」みたいなのを押す)、面白いことを見つける。

↓アルバムジャケット画像のついてないもの
UbuntuでGooglePlayMusicに登録(8).png

↓アルバムジャケット画像のついているもの
UbuntuでGooglePlayMusicに登録(9).png

ついていなものは、吸出し時に設定したVBR(可変ビットレート)つき、ついているものはMP3最高品質の320Kbpsにて保存されているのがわかる。

憶測だが、このアルバムは米国で発売されたものを日本でボーナストラックをつけて発売したもの。本家版にあるものはGoogle Play Musicのデータを読みに行き、日本独自の曲はアップロードしたものを使用しているのだろう。普段ほとんんど邦楽なので、こういう気の利いた機能がついていることには気が付かなかった。

UbuntuでGoogle Play Musicにアップロードする仮まとめ。

・OGG形式だとエラーになる可能性あり(次回吸出しで再検証)
・エラーになった時はChrome内アプリを一旦削除
・アルバムジャケット画像はGoogleが自動チョイスしてくれる。チョイスしてくれない、違う場合は手動で。


あ、このあとアップロードしたのをWindows機にダウンロードして、iTunesライブラリに登録はさせました。

【2016年2月18日追記】
OGG形式でアップロードできた。 コツ(?)はCDの吸い出し後PCを再起動する、気長に待つ。 PCの処理能力が追いついていないのか、Google側のMP3への変換に時間がかかるのかのいずれかか、両方だろう。

posted by ワタオン | Google Play Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ