2016年04月15日

宇多田ヒカル - 花束を君に(Single)

宇多田ヒカルさんの3年半ぶりの新曲。アルバム出るまで待つか、とも書いたが結局速攻でダウンロード購入。(朝のドラマとか夜のニュースは先入観つかないように、意識してチェックしないようにしていた。)

花束を君に贈ろう
愛しい人 愛しい人
どんな言葉並べても
君を讃えるには足りないから
今日は贈ろう 涙色の花束を君に

出会いや生の歓びを紡ぐのでないかという勝手な予想は見事に裏切られた。 「突然の別れ」をモチーフとした作品となっている。

前作「桜流し」に比すればその悲壮感一辺倒からすこし離れ、前向きさを感じる。 だが、いかにも公共放送を意識しました的、無難な前向きさ。

作りたいもんがあって、そこの載っかる人たちが出てくるのか、載っかるの前提で曲を紡いでいくのかは知るよしもない。だが、「新聞なんかいらない 肝心なことが載ってない」と言い放つ自由さが無いのは確か。堅苦しくも感じる。

まあ、いろいろ大変なんでしょうね。

(竹)


posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ