2016年04月15日

宇多田ヒカル - 真夏の通り雨 (Single)

熊本を襲った大地震を深夜までNHKで見ていた。 ひどかったのが、山口智彰というスタッフの傍若無人な報道っぷり。 益城町という町の役場に避難してきた人々に「NHKです!」とインタビューをするのだが、その威圧的な態度はいまどきお巡りさんでも自粛するだろうという高圧さ。精根尽き果ててへたりこんでいる女性に、執拗に「どんな地震だったか」と尋ねる。 涙目で「ひどい地震でした」と一言言い捨てられると、してやったりとばかりに撤退する山口。

ここらへんのマスコミの行き過ぎた報道の権利主張につき、宇多田ヒカルさんもかつてこうつぶやいている。



で、今回紹介する『真夏の通り雨』、日本テレビのニュースショーで流れ始めた曲なんだそうだ。 ちょっと暗に批判した対象に曲を提供するというのは、まあやはり大人の事情なのだろう。

肝心のどんな曲かというのがまだだった。

ずっと止まない止まない雨に
ずっと癒えない癒えない渇き

こんな調子であり、『花束を君に』と同じくウツJ-Popという新境地を開いてしまっている。

同じ調子の曲ばかりポンポンと2曲も3曲も出してくる、というのはちょっと、なんというか、大人の事情に対する彼女なりの抵抗なのかなぁとも妄想を広げてしまうのです。

(梅)


posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ