2016年04月21日

Google Play Musicの無料クラウドを活用するための6箇条

1. クラウド(ロッカー)使用だけなら料金がかからない

広告で「月980円ウン万曲」を全面に押し出しているせいか、手持ちの音楽ファイルをアップロードするだけなら無料なのは以外と浸透していないよう。 ほとんどの人が実質無制限で手持ちの曲をアップロード、パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットでも手持ちの曲すべてを聴くことがきるようになる。

2. 米国アカウントとかIP偽装とかいうのは必要ない

ググるとこの情報が以外と出てくるのだが、これは日本でサービスを始める前の古い情報。 日本で普通に取得し、Gmailなどを使っているアカウントで使用できる。

3. 使用するPCブラウザはChromeよりもFirefoxやInternet Exploerで

musicmanaget_down.PNG

手持ちの曲をアップロードする際、Chromeを利用した場合はChrome内アプリでアップロードする仕組みになっている。 Chrome以外のブラウザの場合は、ミュージックマネージャーという独立アプリをダウンロードするように誘導される。

GoogleのサービスをGoogleのブラウザChromeで処理したほうが良さげな気がしたのだが、どうもこいつはしばしエラーを起こし、エラーとも処理中とも判別がつかない。 ミュージックマネージャーのほうが、処理が続いているのか、何かの理由で停滞しているのか判別しやすい。

ミュージックマネージャーは、Windows版のほかLinux版もある。 (Linux版はUbuntuで動作を確認した。) Macintosh用もあるらしいが、まあ、そういうものがお好きな人はApple Music使いそうなんで検証していない。

4. 初回アップロードは気長に待とう

20GB以上のデータを送信するのに一晩かかったと記憶。 上がり終わるまで、気長に待とう。 Chromeではなくミュージックマネージャーのほうが、比較的進捗状況が詳しいので頼りになる。 以前iTunes Storeでやっていた「DRM付きのAAC形式ファイル」はエラーになる。最近のDRMフリーの曲は大丈夫。

ちょっと注意すべきは、回線容量の問題。3日で○GBまでみたいな大容量転送規制をかけている回線もあるだろう。 アップロードする線がこういう規制にひっかかり、不便な思いをしないか、事前にチェックしておいたおうが良いだろう。

5. 追加した曲は自動判定にまかせず、手動でフォルダ指定するのがベター

musicmanager_settei.PNG

iTunesライブラリや指定したフォルダを監視、追加した曲があれば自動認識する機能があるのだが、これがどうもうまくいかない。 試行錯誤をした結果、追加した曲のフォルダーを都度指定したほうが確実かつ早い。

ミュージックマネージャーの[アップロード]→[フォルダを追加]で指定、それでダメなら、[詳細]→[変更]で指定。 後者の場合「設定が失われる」と警告が出るが、アップロードした曲がどうにかなるものではない。

ちなみに、アルバムアートワーク画像が大きすぎるとうまくいかないケースが何度かあった。 少々面倒なのだが、アルバムアートワークなしでアップロード、あとでブラウザ上から貼り付ける方法で今のところノートラブル。(〓→[アルバム情報を編集]→右のアルバム画像のところの[変更])

6. Androidアプリでの再生は、ネットワーク品質やキャッシュ容量に留意

googleplaymusic_android.jpeg

日本はWi-Fi後進国らしい。容量上限のあるドコモなどのモバイル回線を使わざるを得ないだろう。チェックしておきたいのは、ネットワーク品質の項目。 3段階に調節できるようになっているので、納得できる音質とデータ使用量を両天秤にかけるべし。 はじめのうちは、日次でデータ量をチェックしておいたほうが良いだろう。ちなみにわたくしは最低音質で全然構わない。

端末面で注意したいのは、そのままの設定ではキャッシュがオンになっていること。 これが結構な端末容量を消費する。端末容量に余裕がない人は、やはりデータ使用量と両天秤にかけつつ、オフにするのも選択肢としてあり。 iPhoneなどのiOSのアプリがどうなっているかは、知らない。


それでは、Google Play Musicでハッピーなミュージックライフを!!
posted by ワタオン | Google Play Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ