2017年06月18日

Clémentine - Animentine Best Plus

『SEXテープ』というハリウッド映画を観た。 仕事と育児に追われ、「ごぶさた」な夫婦が、久しぶりに張り切って事に及ぶが、うまくやれない。 「ハメ撮りしたらいんじゃね?」とiPadで録画。 その動画が手違いで街中に、動画サイトに乗り全世界に拡散されてしまい、「ワオ!」というのがあらすじ。

日本におけるAppleというのは、まっとうな批判さえ許されない雰囲気があるんですよね。 iPadのファイルを消さない、クラウドの同期も切らない状態で人にあげるとか、日本のコミュニティーサイトじゃ「あなたが悪い。規約読みました?」でばっさりとやられそう。Apple発祥の国では、シニカルさを含むお笑いの種として成り立っている。

表題のアルバムは、もう何がプラスでこれはベストでと分からない、フランス語による日本のアニメ主題歌カバー集。 バカの一つ覚えのように『天才バカボン』が収録されている。

Amazonのレビュー、やんわりそこらへんの節操のなさを指摘されている。 しかしこれが日本のアーティストだったりすると、★☆☆☆☆の大合唱になりそう。 日本人はどこか何か、南蛮渡来のもんに対して身構えてしまうところは残っており、腐った西洋みかんに対しても歯切れが悪くなるな、と思う次第。

ちなみに、売るほうが期待するほど売れた、こういう薄っぺらい作品はAmazonで中古が1円になる傾向あり。 そうはなっていないところを見ると、取らぬ狸の皮算用となってしまったのかもしれない。

(梅)

posted by ワタオン | 欧米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ