2017年06月26日

買い換えたイヤホンマイクSONY MDR-EX250APのレビュー

mdr-ex250ap_1.JPG
愛用していたイヤホンMDR-EX220が壊れた(写真左)ので、同じくSONY MDR-EX250APに買い換える(写真右)。断線ではなく、本体のカバーが外れるという意外な壊れ方をする。カバーは何処かへ落としてしまった。 耐用2年6ヶ月。

SONY製品には3年目の壁があるような気がしてしょうがないのだが、本体にぐるぐる巻にしたり、ポケットに無造作に突っ込むという消耗品としてはなかなかの持ち。 次もほぼ迷わずソニーした。MDR-EX250は間もなく後継機種が出るらしくMDR-EX150との価格差が縮まっている。150ではなく、「ちょっとランクアップ」モデルの250にした。

音質的には2-3,000円のもんにしては必要十分。 色も黒が漆黒でなくグレーがかった黒で、平凡であるようでさりげない自己主張がかっこいいと思う。(上の写真でなんとかわかるかもしれない。)

マイク兼リモコンはマニュアルの説明ではボタン1回押しで一時停止と再生の切り替え、スマホがXperiaでは専用アプリを入れるといろいろできるとなっている。 しかし、なぜか2回押しで次送り、3回押しで再生中の曲頭に戻る機能が使える。(Andorid 4.4.4とGoogle Play Musicの組み合わせ。)

コストダウンは切実かつ確実に図られている。
mdr-ex250ap_2.JPG
6時間ほど使用してこれ。 イヤピースに切れ目が入ってしまった。穴の部分に色をつけて、サイズがひと目でわかる工夫も省略されている。イヤピースはコストダウン前のもののストックがあるので、いよいよ使い物にならなくなったら、そちらへ変えれば良いのだが、かなりの残念ポイント。

アマゾンのレビューを見る限りでは、速攻で断線した的クレームはない。その点はモバイルミュージックの祖であるSONYをまだ信用している。


posted by ワタオン | SONY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ