2018年02月27日

電気グルーヴ - 電気グルーヴのゴールデンヒッツ〜Due To Contract

電気グルーヴを初めて聴いたのは「Yellow」だったか「A(エース)」だったか、どっちだか忘れた。どちらにしても、チャカポコチャカポコして〜、オチャラケて〜みたいな印象に過ぎず、長いこと再聴することはなかった。

どちらかというとプロモーション都合寄りだろう本作を聴き、3日1回ぐらいは聴かないと気がすまない程度にハマる。チャカポコ〜なんだけど、きっちり仕事したチャカポコさなんですよね。オチャラケ要素薄めなセレクションのおかげでそれが良くわかる。

オチャラケ〜というのは、本作中だと「富士山」みたいな曲。

富士山!富士山!高いぞ高いぞ富士山!

こんな感じなんだが、繰り返し聴いていくうちに、オチャラケもここまで突き抜けると気持ち良い、になってくる。

そして、ベストじゃないアルバムを深耕していくと、オチャラケはオチャラケじゃなくて攻撃性だということに気づいてしまい、その確固たる音楽性に基づく攻撃性に3日1回ぐらいは心奪われるように至る。



(竹)
posted by ワタオン | 日本・グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ 先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。