2015年03月14日

Najip Ali - Oonik

「アジアバグース!」のMCだった、シンガポール人ナジフ・アリさんのアルバム。
Asia Bagus is a star-search program created by Fuji Television in 1992 to promote young up-and-coming performing artists in Asia. Broadcasts once a week as a 30-minute TV program throughout Indonesia, Singapore, Malaysia, Korea, Japan, Taiwan and Thailand the prevailing champion over three shows goes on to compete in a monthly run-off. Grand championships are held once a year. It was hosted by Tomoko Kadowaki and Najip Ali.
"Asia Bagus" Wikipedia, The Free Encyclopedia. Wikimedia Foundation, Inc. 17 May 2014, at 11:20. Web. 23 Feb. 2015.

アジアバグースは1992年にフジテレビが制作した、アジアの新人アーティストを発掘するスター誕生番組。週に1回、30分、インドネシア、シンガポール、マレーシア、韓国、日本、台湾、そしてタイで放送され、3週連続勝ち抜き者が、月間決勝戦へと進む。 年に1回、グランドチャンピオンが決められる。 MCは門脇知子とナジフ・アリ。

こんなものですかね。フジテレビのサイトより放送国が多いんだが、フジテレビのほうはMCが変わった後のもの。

番組は、ナジフ・アリさんの英語とマレー語、門脇知子さんの英語と日本語が、ぐっちゃんぐっちゃんに入り混じって進む。 以前も書いたが、圧倒的に優勢だったのはインドネシア勢だったと記憶。 時々、和服姿の日本人が登場、演歌を歌う。 「お前、絶対素人じゃねえだろ」と、深夜に一人ツッコミを入れながら見ていた。

アルバムは、中国系、マレー系、そしてインド系などが入り混じるシンガポールから、「俺ら一人ひとり、ユニーク(oonik)な存在でいいだろ!」というメッセージを発したかったらしい。

らしい、と書いたのは、かっこいいジングルから始まり、どんなはっちゃけた世界が始まるのかとワクワクしてみたら、真面目に作りましたという気配濃厚の曲が続き、肩透かしをくらった感が強かったから。 「アジアバグース!」で見せてくれていた、当意即妙なギャグを英語とマレー語で飛ばしまくる、あのごった煮感を期待してしまっていたのだった。 少し、肩に力が入ってしまったのかもしれない。

(竹)





posted by ワタオン | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月10日

Sheila Majid - Sinaran

マレーシアの歌姫、シーラ・マジッドさん。

アルバムタイトルにもなっている「Sinaran」目当てで購入。(マレー語で、光の意。) 「Gemilang」にも、ライブ版が、アルバムのトリとしていて収録されており、ぜひとも元曲を押さえておきたかったのだ。 (ライブ版のほうは、冒頭シーラ・マジッドさんが「テビョウシ、オネガイシマス」と言っているのだが、ちっとも手拍子が聞こえてこないという、少々悲しい録音なっているというのもある。)

光の中、結ばれたあなたと私、みたいな曲。 まあ、いかにも愛だの恋だのなんだが、アルバムタイトルになるぐらいだからして、シーラ・マジッドさんの、時流に乗った勢いを感じるのにベストな曲。

ちなみに、このアルバム、公式サイトのディスコグラフィーによると、日本でしか販売がない。 手持ちのアルバム『Legenda』、『Warna』と曲が重複している。どうやら、おそらく日本向けのベスト・アルバムだったよう。 日本での発売元は東芝EMIだが、オリジナルのレコード会社が、EMI MUSIC PUBLISHING (SINGAPORE)と、PUSTAKA MUSIC EMI (MALAYSIA)とで混在しているところからしてもそうだろう。

【収録曲一覧】
1. Bunyi Gitar
2. Bila Larut Malam
3. Sinaran
4. Hasrat Cinta
5. Jeritan Batin
6. Overtime
7. Tiru Macam Saya
8. Kepergian Mu
9. Memori
10. September Shares

iTunesボタンは、アルバム『Siri Bintang Pujaan』へ飛ぶ。特に伴奏のアレンジが変わっているとうこともなく、オリジナルを再収録したものの模様。



Sheila Majidの関連記事
posted by ワタオン | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月03日

Sheila Majid - Legenda

マレーシアの歌姫、シーラ・マジッドさんの金字塔的アルバムといえば、これとなるだろう。 私が、シーラ・マジッドさんを知ったのも、このアルバム。

人からCDを借りる→これは良いとCDを購入→購入したCDをまた別の人に貸す。これは良い。と、非ネット時代に、そこそこ拡散した。 貸した人は、その良さに涙が出てきたと言っていた。そして、私の汚れたCDに呆れ、「せっかくの良い曲なのだから、もっと丁寧に扱え」と、何度も何度も叱られた。

マレーシアの国民的アーティストであるP.ラムリーさんの作品をアレンジ。 シーラ・マジッドさんの、ポップな曲を勢い良く歌い上げていくという所は良いが、それを抑え、しっとりと歌い上げた本作もまた良し。

どの曲かは忘れたが、日産のコマーシャル曲に採用された。

(竹)

【収録曲一覧】
1. D'Lengenda (追憶のプレリュード)
2. Aduh Sayang (オー! マイラヴ)
3. Engkau Laksana Bulan (月の君)
4. Larut Malam (真夜中の恋)
5. Getaran Jiwa (心のバイブレーション)
6. Legenda (伝説)
7. Prelude D'Lengenda (追憶のプレリュード)(short version)
8. Manusia (人々)
9. Jeritan Bantinku (涙溢れて)
10. Bunyi Gitar (ギターの音)
11. Tiru Macam Saya (奥様、ご用心)
12. Dimana Kan Ku Cari Ganti (あなただけを)

iTunesボタンは、アルバム「Siri Bintang Pujaan」へ飛ぶ。(直訳すると、アイドルスターのシリーズというしょうもないことに。) このアルバム収録曲は、だいたい網羅、試聴することができる。「Siri BIntang Pujaan」の曲を1曲試しにダウンロードしてみたが、特に伴奏のアレンジが変わっているとうこともなく、オリジナルを再収録したものの模様。



Sheila Majidの関連記事
posted by ワタオン | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ