2015年01月16日

iTunesをラーメンタイマーにする方法

iTunes スマートプレイリスト編集

・iTunes画面左下の[+]をクリック
→[新規スマートプレイリスト]
→[時間が][3:00][である]
→[OK]

・抽出された曲を再生する
→同時に、カップラーメンにお湯を入れる。
→再生した曲が終わったら、ラーメンの完成。

私のiTunesライブラリからは、『Penny Lane』などがヒット。 ビートルズを聴きながら、カップラーメンの出来上がりを待つのもオツなもの。
posted by ワタオン | iTunes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月29日

iTunesでなるべく低容量かつ良音質のMP3ファイルを作る方法

itunes_mp3.PNG

もう、AAC形式で、問題ないんじゃないかとも思うのだが。iTunesを使い始めたころは、AACに対応していないハードウェアも少なくなかった。

そんなわけでCDを取り込む時は、惰性的に、MP3形式にしている。

MP3形式には、今では可変ビットレート(VBR)を採用。VBRというのは、要するに曲のデータ密度が濃い部分だけ、データの情報量を多くしようという方式。

AAC形式を推しながら、MP3形式のプロパティも、細かく設定できる所が、iTunesの良心的なところ。

iTunesでのMP3(VBR)でのCDの取り込み方


・CDを入れる
→「インポートしますか?」→[いいえ]
→iTunes右上の[インポート]
→インポート方法:[MP3エンコーダ]
→設定:[カスタム…]
→ステレオビットレート:[128kbps]
→「可変ビットレート(VBR)」にチェック
→音質:「最高」
→[OK]→[OK]
posted by ワタオン | iTunes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月24日

iTunesで歌詞を一発表示する方法

iTunesには、歌詞を登録する機能があるのだが、いちいち登録するのが面倒なのと、表示させるのも、[右クリック]→[プロパティ]→[歌詞]と結構な段階を踏まないといけない。

フリーソフトLyricsMasterで歌詞を自動登録


LyricsMaster.png

iTunesと連携してくれて、自動的に曲を送ってくれる。(「連続モード」にチェック。)

iTunesの曲の頭から再生させれば、すべての曲をLylicsMasterがクロール、登録のある歌詞を埋め込んでくれる。

歌詞を一発表示させるフリーソフトCover Version


「Cover Version」の、インストール方法・使い方は、下記リンクの、「TeachMe iTunes」に詳しい。

[Ctrl]+[t]で、歌詞を一発表示できようになる。

歌詞だけでなくて、アーティスト名と曲名も表示。画面に収まり切れない曲は、絶妙な速度で自動スクロール。後ろにうっすら、アルバムジャケット画像が表示されるのも。なかなかいい感じ。

【追記】
iTunesが12.1で64-bit対応になり、Cover Versionは使えなくなった。

【関連リンク】
Lyrics Master - iPhone / iTunes / iPod で歌詞を楽しもう!

iPhoneやiTunesに歌詞を表示させる | iTunesの使い方 - TeachMe iTunes(iTunes10.4以降に対応)

posted by ワタオン | iTunes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ