2015年07月05日

小沢健二 - LIFE

東京スカパラダイスオーケストラのアルバムに、いまどき、何この、欧米コンプレックスの裏返しのドヤ文章を寄せてしまう小沢健二さん。何この、ではあるが、この突き抜け感は半端ない。 どんな音楽作る人なんでしょうね〜と、とりえず、Amazonで一番レビューが一番多いアルバムをポチリ。

NHK紅白歌合戦出場歴
年度/放送回 回 曲目 出演順 対戦相手
1995年(平成7年)/第46回 初 ラブリー 09/25 岡本真夜
1996年(平成8年)/第47回 2 大人になれば 02/25 相川七瀬
ウィキペデイア 「小沢健二

紅白歌合戦にも出場していたのか。 このアルバムが出ていた頃というのは、私生活がグルングルン目まぐるしく動いていた時期で、歌舞音曲を楽しむという余裕というのは、globeどまりだった。

予想に反した事実その1 → 曲目。

life.PNG

アメリカかぶれ全開の文章を書いちゃうぐらいだからして、globeみたいな横文字全開の曲目を予想していたのだが、以外にも、純和風。

予想に反したことその2 → クォリティー。

紅白出場だからといって、音楽的に優れていることでは全然ない。 いかにも当時流行った、歌謡曲というかJ-POPの典型が出てくると思いきや、きっちり聴かせてくれる品質になっている。

夢で見た彼女と会って FEEL ALRIGHT 誰かのちょっと待ってなんて知らない
LIFE IS A SHOWTIME すぐに分かるのさ
君と僕とは 恋におちなくちゃ
夜が深く長い時を越え OH BABY LOVELY LOVELY WAY 息を切らす
小沢健二 「ラブリー」

あー、やっぱり横文字入れてくるんだが、不思議とそれも鼻につかない。 モノローグなんかも入れちゃうんだが、それも違和感がない。

だが、繰り返し聴きたくなるPassionを感じるかどうかと言われれば、否と即答。 ん、今受けそうな曲や詞はこんなもんでしょ、という狙いすました感が、何度か聴くと耳についてくる。

血筋や、学歴はすんごい人みたい。 しかしまあ、その余裕の才能っぷりから、心血注がんでも、ある程度のものは出来てしまうとも、ある程度のモン止まりに過ぎないとも言えそう。 何にしても、今どき「アメリカが、ニューヨークが」だからして、ちょっと。

(竹)





posted by ワタオン | 日本・男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月16日

坂本龍一 - Playing the Orchestra 2013

うーん……。 これは松屋のカレギュウ。 一つのライスのうえに、牛丼の具とカレーが両方乗っかったアレです。 牛丼もカレーもそれぞれ単品では美味しんですよ。 しかしこれが合わせると、カレーのスパイシーさで牛丼の塩分がかなりきつくなってしまう。 カレーはカレーで、塩っ辛くなった口の中でちょっとくどくなってしまう。

日本を代表する音楽家である坂本龍一さんと、ヨーロッパ数百年の歴史を持つクラシック。 日本人のソウルフードである牛丼とインド数千年(テキトウ)のルーツを持つカレー。 どれも単品ではすばらしいが、組み合わせるならもうちょっと一工夫ほしい。

1996』は、楽器数をしぼりこんで、坂本龍一さんの世界を引き出せるだけ引き出そうという創意工夫感があったが、これはそれがない。

松屋のカレギュウ、社長がトップダウンで作ったメニューらしい。 あんなもんを通年だすのなら、トマトカレーをレギュラー化して欲しいのだが、まあ、鶴の一声がかかった商品だからして、おいそれとは外すわけにいかないのだろう。

このアルバムにも、そういう面はあるのかもしれないと妄想を広げている。 絶対、坂本龍一さんがやりたくてやっている仕事ではないだろう。

中咽頭がんを患い療養中だったが、ぼちぼち活動再開しているらしい。




「全身がんで1年で死ぬ」と公言したが、2年経っても生きている樹木希林さんとか、わざわざ病室から音声だけ中継させた筑紫哲也なんかはがんを使った売名行為じゃないだろうか。 そういうことをしない坂本龍一さんは潔い。

病気をすると、世界が違って見えてくるということはあるらしい。 ほどほど元気に、そろりと新境地を見せて欲しいものですね。

(梅)

坂本龍一の関連記事




posted by ワタオン | 日本・男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月15日

尾崎豊 - ALL TIME BEST

盗んだバイクで走り出す 行き先も解らぬまま
暗い夜の帳りの中へ
誰にも縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に
自由になれた気がした 15の夜
この歌の人です。

しかしまあ、こんな滅多に更新しない、話が飛びまくるこんな記事でも、音を文章に置換していくという作業はなかなか大変。 どっかに書いてあるようなもん寄せ集めたり、「80年代を代表する必聴盤」みたいな紋切り型の表現なんかネットのゴミを増やすだけなんで、これでも、自分のコトバというのをうんうんひねり出して書いている。

なんでこんなことを書き出したというと、この人もオチャクラ全開系アーティストだったから。 このブログを「オチャクラ」で検索すると分かる通り、本当、この世界はこの系統が多い。 化学系オチャクラがこれだけ顕在化しているということは、ハッパ系オチャクラはさらに影に潜んでいそう。

冒頭に歌詞を乗せた有名曲「15の夜」以外に、何かいい味出している曲ないかなーと、入手したが、まあどれもどれも凡庸な同工異曲。 そんなんでも、やはり音楽を作り出すということは大変なことであり、オチャクラに走ってしまうのかな、と思った次第。

あ、あと、若くして亡くなったというのは、尾崎豊を伝説化させて価値のインフレを起こしたという面はあるでしょうね。

(梅)




posted by ワタオン | 日本・男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ