2015年03月29日

坂本龍一 - 音楽図鑑 -2015 Edition- [Disk 2]

坂本龍一 - 音楽図鑑 -2015 Edition- [Disk 1]からの続き。)

Disk 2は、12曲中7曲が未発表曲。 既発表曲の別バージョンばかりでお茶を濁されるかなあ、という予感は良い意味で裏切られた。

音楽図鑑ならぬ、音楽工作室、ペン入れをする前の下書きのマンガのような趣き。

「SELF PORTRAIT - 04A FEATURING MINAKO YOSHIDA」。既収録曲の別バージョンだが、シンプルなメロディーに乗る、綺麗なボーカルが心地よい。

「M16 UNTITLED」。 いまどき家電量販店で売っているキーボードで再現できそうな、単調なドラム音の繰り返しなのだが、ここにまた別のこれも多分ドラムの音が乗る。 坂本龍一さんがこっからどういうふうに、肉付きをして、作品にしていくのか、興味津々。

「M33 UNTITLED」。 ウワワワーという感じで、シンセサイザーの音が広がっていく、坂本龍一ワールドの真骨頂がラストに来る。

ファンの欲目で「音楽工作室」などと表現してみたが、いかにも80年代のシンセサイザー、とう音色の曲が大半。まあ、初代収録曲のような、さんざん作りこまれた曲ががズラリと登場、というわけにはいかず、これに期待したのは、さすがにノーテンキ過ぎであった。ボツにならならければ、こっから初代音楽図鑑のような様々な生音が足し算されていく途上の曲なのだろう。

しかしながら、一聴しただけでは、こいつの良さはわからない。 何度も聴いていくと、シンプルな演奏のなかにも、脂の乗り切った、当時の坂本龍一さんの才気走る勢いというのを、じわじわと感じて来ることができる。

(松)





坂本龍一の関連記事
音楽図鑑 -2015 Edition-の全曲試聴
posted by ワタオン | 日本・男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月28日

坂本龍一 - 音楽図鑑 -2015 Edition- [Disk 1]

以前、「『音楽図鑑 ボツ曲版』というアルバムがあったら、買う。」と書いたら、本当に出た。 速攻で予約。

リマスタリングによる、音質向上の成果云々は、きっと熱心なAmazonレビュアーが取り上げるだろう、と下書きしておいたら、本当に取り上げられている。そっちにまかせる。

Disk 1には、「夜のガスパール」と「青ペンキの中の僕の涙」を新たに収録。

「青ペンキの中の僕の涙」。 「ドンドン、ドンドン」という単調なメロディーの繰り返しに、他の演奏がかぶさる。 単調ではあるが、しっかり音楽しているという、美味しい白米に美味しいごま塩のような、噛みしめれば噛みしめるほど味のある作品になっている。

ボツ曲は所詮ボツ曲じゃあないの? という声もあるだろうが、初代音楽図鑑の発売された時のメディアを考えて欲しい。 そう、LPレコード。 発売当初からもっと曲を入れられるCDであれば、ボツ曲を大量に出さざるを得なかった音楽図鑑は、全然違う作品になっていたかも知れない。

あ、既存の音楽図鑑収録曲は、無論、今聴いても飽きることがありません。

(松)

坂本龍一 - 音楽図鑑 -2015 Edition- [Disk 2]に続く。)





坂本龍一の関連記事
posted by ワタオン | 日本・男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月02日

坂本龍一 - SMOOCHY スムーチー

このアルバムの第一印象。 アルバムジャケットの「坂本龍一さん」の顔色が悪い。

再聴してみた感想。 やはり、アルバムジャケットの「坂本龍一さん」の顔色が悪い。おしまい。
解説
前アルバム『スウィート・リヴェンジ』と同じく、メロディ重視のポップ路線を目指した。
坂本自身によるボーカル曲が多いのが特色。
当時は無理して挑戦していたが、後日自分で聴いて下手で向いていないと思っている[1]。
ドラムのプログラミングは森俊彦。
「スムーチー」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2013年7月13日 (土) 01:40 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

坂本龍一さん自身とその作品については、熱烈なファンがアツい記述をしているのだが、このアルバムに関しては、これだけ。 これだけだからして、他の人の感想というのも、私とさして変わらんのだろう。

『音楽図鑑』あたりから、坂本龍一さんの新作と言うと迷わず買ってたんだが、ここらへんから雲行きが怪しくなる。『音楽図鑑』で聴かせてくれた、才気あふれる曲の数々は、どこへ行ってしまったのだろうか。

(梅)






坂本龍一の関連記事


posted by ワタオン | 日本・男性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ