2015年04月18日

宇多田ヒカル - 桜流し (Single)

人間活動に専念、というはずなんだが、どういうわけか曲が出ている。
本楽曲は自身が主題歌を務めてきた映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの第3作、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の主題歌として書き下ろされたもの[1]。
Wikipedia 「桜流し」より。

まー、国民的アニメ映画の主題歌ともなると、巨大なカネが動くであろう、そんなかんやの甘い蜜に群がる、宇多田ヒカルさんの周囲の人々というのが見透けてしまって、興ざめするわけです。

そんなシガラミ妄想はふっ飛ばして、宇多田ワールドを聴かせてくれるかというと、そうもいかない。 「SAKURA ドロップス」という既存曲があって、「桜流し」ですよ。 最も、凡庸なのは、サビのこの部分。

Everybody finds love
In the end
愛だの恋だのという、ありきたりなJ-POPの既定路線を、お得意のアメリカ訛りの英語で誤魔化しているようにしか聴こえない。

ホント、こんなしょうもないもん作る暇があったら、結婚生活とか、育児とか、人間のハバを広げる方に専念して、ある日忽然と、新・宇多田ワールドを披露して欲しいもの。

(梅)



宇多田ヒカルの関連記事
posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月10日

華原朋美 - LOVE BRACE

オーケストラの序曲からスタート。 小室哲哉さんって、このパターン好きだよなあ。 同じく1996年発売の『globe』(Globe)もそうやん。 俺たちってオサレだろ〜と、洗練アピールマンマンの一本調子も同じ。

Just a real love night
DDIポケット(現・ウィルコム) CMソング。CMには華原本人が出演。

Wikipedia 「LOVE BRACE」より。

いやいや、全然記憶に無い。 「I'm proud [full version]」にしても、あ、なんか聞いたことがあるという程度で、今聴いても良いな〜という再開の感動は皆無。

こういう、勢いだけで噛み締めても味もなんもない、しょうもないモンに飛びついちゃう層というのは、今だとスマホは皆が持っているからスマホ、で、電車の中で電池の持ちを気にしながらどうでもいいことしてる層とかぶさると思うのですよ。 昔TK、今スマホ、これがまあ、日本はいい国だなあ、と思えるマスト・アイテムだと思うのですよ。

(梅)




posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月20日

小泉今日子 - N゜17

学校の先輩に、「小泉今日子の17枚目のアルバムだから、No.17、そして小泉今日子のセルフプロデュースなのだ」と薦めれた一枚。

薦められていた当時は、結構気にいっていた記憶があったのだが、聴きなおすと、うむ、アイドルの曲にちょっと趣向を凝らしてみた、ぐらいのもんだな。

着目した点があるとしたら、「岡を超えて」と「あたしのロリポップ」が、東京スカパラダイスオーケストラの編曲であること。こんな昔に、東京スカパラダイスオーケストラに触れていたのだなあ。 懐が深いぜ、東京スカパラダイスオーケストラ。

ウィキペディアを見たところ、小泉今日子さん15枚目のアルバムであった。よって、冒頭の先輩情報は誤り。 まーなんというか、そういういい加減なところがある男だったな。 今は何してるんだか。

(梅)


posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ