2016年03月13日

矢野顕子 - Love is Here

ジャケットの帯には「かけっぱなしで、気持ちいい。じっくり聴くと、すごい。」。スマホに入れてかけっぱなしにしてみたが、なんかメリハリもなく聴き終わってしまったなぁという印象しか持たなかった。

だがしかし、家でゆっくり聴きだしたら、確かに、すごい。

すごい所その1は、凝りにこった生音伴奏。 小さなドラムの音の一つ一つまでに、何回録音しなおしたんだろうかこれという緻密さを感じられる。 無論ピアノの音もしっかりと、矢野顕子ワールドとしてしっかり役割を果たしている。

すごい所その2は、ボーカルがどんなにすごい伴奏であっても伴奏負けしていない点。 あの矢野顕子ワールドは堅持されており、じっくりと、何回も聴き直したくなる歌詞がつまっている。これは、彼女が自分の感性で紡ぎ出したコトバを、自分の技で聴かせる稀有なアーティストであることの証だろう。

ちょっと難癖をつけるとしたら、1993年発売、矢野顕子ワールドも成熟しきってしまっている。手慣れすぎてしまったというのはあるかもしれない。「ツ・・の私」とか歌詞にしちゃう勢い感はもうない。

いわゆる「ピアノ三部作」の間に作られた作品。 いやいや、ピアノづく期にもこんなの作ってたんすね。勉強不足でした。

(松)


posted by ワタオン | 日本・グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月09日

Yellow Magic Orchestra - NO NUKES 2012

YMOの、おおむね有名ドコロの曲が別アレンジのライブ盤で聴けてよかったですね、ってだけ。

それにしても情けなくなるのが、なんのヒネリもないタイトル。 いっそコントでも入れればいいのに。

"What is your company?"
"My company is very famous. Wahaha... Toohhho Kyhooo DehhhhnnRy..."

と。

反原発とかを叫ぶのは、一人で十分です十分。

(梅)


posted by ワタオン | 日本・グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月28日

Perfume - (triangle)

YMO聴くならこれも聴いとけというネット世論があるので、聴いてみた。 要するに3人組でテクノっぽい音以外になにがどう繋がるのか皆目わからない。

だってこの人たち、楽器演奏してないどころか、生声で歌って聴かせる気も全然ないじゃないですか。 人に作ったもん歌わされているっていう店でAKBとかと変わらない。 ちょっと知的風味にしてみました、程度だろう。

知的風味にしても、ちょっと中途半端。 本当は丸の内に本社のある会社勤めしたかったけど、妥協して亀戸あたりの雑居ビルでOLをしているわたくし、みたいな負のオーラを感じずにはいられない。独断と偏見。

(梅)


posted by ワタオン | 日本・グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ