2016年03月19日

ロケットニュース24 - RocketMan

どこぞやの大新聞が「ネット社会になり、乱れた日本語が氾濫している。 だから我々には正しい日本語を守る使命がある」という論旨の社説を載せており、なにいってんだろうと思ったことがある。 その大新聞というのも、SmartNewsに記事を配信しており、己の名文を世に広める努力を欠かされてはいないようだ。

ロケットニュース24というのは、ネット時代に斜めから真っすぐからネタを取り上げるニュースサイト。 その編集者たちが作った曲を、TUNECOREというサービスでiTunesやらAmazonやらで配信させてしまった。

これは、現在の新聞とかの凋落が音楽の世界にも波及する兆しかもしれない。 YouTubeなりニコニコ動画なりでそんなことはとっくに起きているだろうと言われればそう。 だが、音楽はキーボードとカメラがあればそれなりのもんが出来てしまうものとは違う。 そしてYouTubeでお目当ての曲を開くと、スピーカーにマイクを押し付けて録音したようなガッカリファイルに出くわすくとも珍しくない。

このシステムで、音楽がそれなりの労力を払って作られたものが、適正価格で流通する、という至極まっとうな形になることをちょっと期待している。

配信曲自体は、歌詞がどうやっても「パッパッパパクれー」にしか聴こえない。

(梅)

【TUNECORE】ガチのオッサンたちが音楽で全世界デビューしてみた | ロケットニュース24




posted by ワタオン | 日本・グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月18日

Yellow Magic Orchestra - LONDONYMO-YELLOW MAGIC ORCHESTRA LIVE IN LONDON 15/6 08

なし崩し的に再結成されることのあるYMOのライブアルバム。 ライブとはいいつつ、拍手なんかはほとんど入っていないので、環境音楽的にYMOを楽しむのには適した1枚。 キリンビールのCM曲だった「Rydeen 79/07」あたりの雰囲気が気に入っていれば、気に入った曲を入手してもいいんじゃないですか。(AmazonでもMP3単品ダウンロード可。)

曲目一覧↓
LONDONYMO.GIF

YMOは好きだがYMO知識マニアではないので、知らん曲が多い。 新旧の曲たちがアンバランスを感じることなく、まとめられている。 しかしまあ、粒ぞろいの名曲を集めた的気合ではないことは明らかなので、無理して全曲を入手することはなかろう。

気合ではない、というところの根拠は『GIJONYMO』というのも同時期に発売されていること。 ここらへんのことは、『GIJONYMO』の項を書きます。

(竹)


posted by ワタオン | 日本・グループ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月15日

矢野顕子 - Welcome to Jupiter

矢野顕子さんの最新アルバム。 レビューなんかを見ると、ファンの欲目としか思えない絶賛コメントばかりが目につく。ので、意識して辛辣目に行きます。

「オトナテクノ」だかなんだかが知らんが、テクノと聞いてすっとんで来るのはYMO世代であり、そういう層を狙っている匂いがぷんぷんとする。 若い人の音楽鑑賞形態というのは動画サイトが主流、そうなるとCD買ってくれる層狙いという点では正解だろう。 だが、こういうマーケティングだかなんだかが支配的なのは、せっかくの矢野顕子ワールドぶち壊しだと思うのですよ。

テクノ、という目の付けどころもどうなんでしょう。 「タンスのような」大掛かりな機材が必要だった時代にはそれも演出としてアリだったろう。 だがそんな演出はYMOも途中で捨てており、いまどきヨドバシカメラで適当に選んだMacintoshで出来てしまうじゃないんですか。前作『飛ばしていくよ』では「そういえばテクノもあったわねぇ、お遊びでやってみようかしら」的余裕を感じられた。 だが、2作ともなり、いかにもパソコングリグリで作りました感が強まっている本作は、さらに哀しくなってくる。

還暦超えしても声がかすれることもなく、ユニークな世界を堅持しているのは、自己研磨の賜物だろう。 敬服。 だがそれだけに、作る人・売る人の不協和音を感じる本作は残念。

ちなみに、Google Play Musicで矢野顕子さんのアルバムを開くと、本作と同時に撮影されたと思しき写真が画面に出てくる。 他のアーティスト写真というのは、わりと無造作にここらへんのにしとくか、程度のものが出てくるが多い。 矢野顕子さんのは、Google Play Music用を意識した気配が濃厚であり、そのドビンクの撮らされている気配濃厚画像をいちいち見せられるのは、ますますもって哀しい。

(梅)




posted by ワタオン | 日本・女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense

▲ページの先頭へ