2017年07月10日

宇多田ヒカル - 大空で抱きしめて(Single)

宇多田ヒカルさんの本日配信の新曲。 サントリーのCMのタイアップ曲。 Fantômeで拓いたウツJ-POPの気配は消えている。 料理の上手な人が、トマトとニンニクでちゃっちゃと作ってくれたスパゲティのように、気軽に美味しい音楽となっている。 そんな例えは、他にいくらでも転がっているだろう。 気になることがある。 Google Playでの配信がまだかまだかと待っていたのだが、一向に来ない。 !?と思いつつ、届いたメールマガジンを見ると、非ハイレゾ配信は「Ap..
posted by ワタオン

2016年11月03日

宇多田ヒカル - Fantôme

人間活動に専念し、繁殖したりした宇多田ヒカルさんの新アルバム。 『Fantôme』はおフランス語で「幻」を意味するそうです。文字化けしている人もいるかもしれない。 "ô"はoのうえに山マーク。 先行してリリースされた3曲を「宇多田マネーの匂いがプンプン」、「ウツJ-POPという新境地」と書いた記憶があるのだが、アルバムを通しても、その気配が濃厚になっている。 辛うじて軽やかに聴けるのは1曲めの「道」のみ。 っていっても、タイトル名が道ですよ。 なんというか求道的と..
posted by ワタオン

2016年04月30日

私が今月最も聴いたアルバム(ほぼ2016年4月)

楽屋落ち的記事2回目。 自動収集のデータの切り出し単位が30日単位、一部自動設定できない再生ツールもあり、ということでほぼ2016年4月。 yokukiita_201604.png トップの『音楽図鑑(2015年版)』(坂本龍一)はディスク2枚組を1枚として認識させている。 よって、その半分ぐらいが実勢値。 それにしても良く聴いている。 2位の『Melodies』(山下達郎)、いまの時点ではそんなに聴いたという記憶がない。 コテコテの流行歌なのだが、流行歌を極めたという凄みのある作品。 また何かの..
posted by ワタオン

2016年04月15日

宇多田ヒカル - 真夏の通り雨 (Single)

熊本を襲った大地震を深夜までNHKで見ていた。 ひどかったのが、山口智彰というスタッフの傍若無人な報道っぷり。 益城町という町の役場に避難してきた人々に「NHKです!」とインタビューをするのだが、その威圧的な態度はいまどきお巡りさんでも自粛するだろうという高圧さ。精根尽き果ててへたりこんでいる女性に、執拗に「どんな地震だったか」と尋ねる。 涙目で「ひどい地震でした」と一言言い捨てられると、してやったりとばかりに撤退する山口。 ここらへんのマスコミの行き過ぎた報道の権利主..
posted by ワタオン

2016年04月15日

宇多田ヒカル - 花束を君に(Single)

宇多田ヒカルさんの3年半ぶりの新曲。アルバム出るまで待つか、とも書いたが結局速攻でダウンロード購入。(朝のドラマとか夜のニュースは先入観つかないように、意識してチェックしないようにしていた。)
花束を君に贈ろう 愛しい人 愛しい人 どんな言葉並べても 君を讃えるには足りないから 今日は贈ろう 涙色の花束を君に
出会いや生の歓びを紡ぐのでないかという勝手な予想は見事に裏切られた。 「突然の別れ」をモチーフとした作品となっている。 前作「桜流し」に比すればそ..
posted by ワタオン

2016年04月13日

宇多田ヒカル - ULTRA BLUE

宇多田ヒカルさんはめっきり聴かなくなりました。 一時期は容量4Gしかないウォークマンに全曲詰め込んでリピートしていたんですけどね。 自分のコトバで自分の世界を伝えてくれる稀代のアーティストであることは論をまたないだろう。 だが、コマーシャルを意識した臭というのも濃厚であり、その匂いが鼻をついてくることも確か。 本作は「タイトルがBLUEなのに、ジャケットの衣装は赤とはいかに?」とかなんとか提灯持ちジャーナリストが語っていたと記憶。 かなり売らんがな精神が透けてし..
posted by ワタオン

2015年07月03日

私とドリカム2-ドリカムワンダーランド2015 開催記念BEST COVERS-

複数のアーティストによるドリカムカバー集第二弾。 始めから話がそれるが、宇多田ヒカルさんの曲は、UTADA名義のもの含め、全部iTunesに入っている。 その割に、このブログで取り上げたのが4回に過ぎない。 それは、『宇多田ヒカルのうた』なる、『私とドリカム』のパクリ丸出しのアルバムが出たりと、本人の意図しないところでうごめく宇多田マネーの臭いが、強烈に鼻を突き、もうちょっと宇多田ワールドを純粋に楽しめなくなってしまったから。 本作、『私とドリカム2』にも、..
posted by ワタオン

2015年06月17日

宇多田ヒカル - First Love

宇多田ヒカルさんのアルバムはこれまで2作を紹介しているのだが、彼女の曲は全部iTunesに入っていて、全部ウォークマンに入れて持ち歩いていた時期が長かった。 だが、その2作以外はほとんどを消してしまった。 なんでそうなったかという理由の一つに、彼女の曲は、まあアルバムごとにがらっと作風を変えてくるというわけではないのですな。 じゃあまあ、バサッと切って、おんぼろウォークマン領域を確保しようと。 かといって、そこらのありきたりなJ-POP「アーティスト」と違って、同..
posted by ワタオン

2015年04月18日

宇多田ヒカル - 桜流し (Single)

人間活動に専念、というはずなんだが、どういうわけか曲が出ている。
本楽曲は自身が主題歌を務めてきた映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの第3作、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の主題歌として書き下ろされたもの[1]。
Wikipedia 「桜流し」より。 まー、国民的アニメ映画の主題歌ともなると、巨大なカネが動くであろう、そんなかんやの甘い蜜に群がる、宇多田ヒカルさんの周囲の人々というのが見透けてしまって、興ざめするわけです。 そんなシガラミ妄想はふっ飛ばして..
posted by ワタオン

2015年03月17日

安室奈美恵 - 181920

安室奈美恵さんの、小室ファミリー門下だったころまでのベストアルバム。 MP3時代以前、CDをいちいち取り出して再生、という時代に聴いていたんだが、CDの痛みはそれほどひどくない。 ひどくないからして、ああ、いかにも小室哲哉さんの絶頂期に粗製乱造された音楽のひとつ、おしまい、とはいかなかった。 改めて聴いてみると、結構、いい。 人並外れた歌唱力について、異を唱える人はおらんだろう。 しかし、それだけでは、やっぱ時代を感じるなあ、やはり、おしまい、となってしまう。時代..
posted by ワタオン

2015年02月18日

宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について

宇多田ヒカルさんの13組のアーテストによるカバー集。 『私とドリカム』の二番煎じではないかと書いた本作。 しかしながら、宇多田ヒカルさんの曲は、UTADA名義のものまで、全部iTunesに入っている私。 食わず嫌いということもあるだろうし、と聴いてみた。 宇多田ヒカルさんというのは、自分の歌いたい歌を自分の技とハートで歌い上げてしまう人なのだなあというのを再確認するに留まる。 聴いている途中で、ああ久しぶりに元曲を聴きたいなあという衝動に駆られることがしばしであり..
posted by ワタオン

2015年02月02日

DREAMS COME TRUE - LOVE OVERFLOWS-ASIAN EDITION

相変わらず、TOKYO MXテレビの「5時に夢中!」は録画予約し、マツコ・デラックスさんの出る月曜日とワケあり物件の出ることのある金曜日は欠かさず見ている。 金曜日に出てきそうで出てこない、あるいは、出た時はまだ見てないのが、例によりオチャクラ全開的スキャンダルでしくじった、元ドリカムの西川隆宏さん。 昔、何故かNHKのスポーツニュースに当時のドリカム3人で出ていたのを見たことがある。 この人、とにかくしゃべらない。MCに「しゃべらないんですねえ」と振られても、頑なにし..
posted by ワタオン

2015年01月30日

Superfly - Mind Travel

オリコンチャートで初登場1位を獲得し、デビューから3作連続でアルバム首位を獲得した。また、シングルではあるもののアルバムチャートで首位を獲得した『Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3'』を含むと4作連続首位となり、女性アーティストでは宇多田ヒカル以来7年3ヶ月振りの記録となった[2]。
「Mind Travel」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2014年3月21日 (金) 11:15 UTC、URL: htt..
posted by ワタオン

2015年01月12日

ウォークマンとiTunesふりかけが最強の組み合わせなのだ

ウォークマンには、曲名、アーティスト名、そしてアルバム名で、ABC順・50音順で索引を作ってくれる機能がある。 「宇多田ヒカル」なら、「ウ」の項目に表示。漢字の「宇」をどういう仕組で、「ウ」に紐付けさせているところが謎なのだが、さりげなく凝っている。 しかしながら、ABC順・50音順となっているところは意外と厄介。 「CHAGE and ASKA」が「C」に分類されているのか、「チ」なのかなど、いちいち両方の索引を参照せねばならず、微妙にイラッとすることがあ..
posted by ワタオン

2015年01月03日

宇多田ヒカル - DEEP RIVER

宇多田ヒカルさんを年末に、リストラ。長いこと、ウォークマンに全曲完備だったが、この『DEEP RIVER』、『HEART STATION』、そしてシングル『桜流し』以外を削除してしまった。 「桜流し」で、「え? また桜?」感。 →『宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-』が致命傷。 「私とドリカム -DREAMS COME TRUE 25th ANNIVERSARY BEST COVERS-」 の二番煎じではないか。 思いつきで、..
posted by ワタオン

2014年12月13日

宇多田ヒカル - HEART STATION

宇多田ヒカルさんは「SAKURAドロップス」や、「traveling」あたりで、フォローが止まっているあなた。一度、このアルバムを試聴してくださいな。

アルバム2枚目ビーク説を軽やかに飛び越える

「1アーテイストの限界はアルバム2枚目目まで」説というのを、勝手に唱えている。アーティストが精魂込めて作ることができるのは、せいぜい2枚目まで。あとは、ついてきたファン相手に、自己模倣の繰り返しで、なんとかなるみたい。 そんな、ありがちなパターンを、軽やかに飛び越えてい..
posted by ワタオン

▲ページの先頭へ