2016年02月28日

細野晴臣 - Heavenly Music

ロックのリズムに日本語を乗せ、YMOで日本人の西欧コンプレックスを逆手に取り大ブレイクし、アンビエントに凝った細野晴臣さんの最新作。 2013年発売。 この時期の細野晴臣さんのことは、勝手にやすらぎの脱亜入欧期と呼んでいる。 常にオルタナティブな存在たろうとしていた感じの脂がすっかり抜ける。 生声にシンプルな生音、そして本作ではなんのてらいもなく英語の歌詞を歌いあげて行く。 細野晴臣さんの渋い低声というのは、どちらかというと、ちょっとシニカルに作品に色を添える存..
posted by ワタオン

2016年02月25日

細野晴臣 - NAGA

アンビエント期の細野晴臣さんはまずこの作品から。 アンビエント期は『MEDICINE COMPILATION』のほうが好んで聴いているが、こちらから。 「Angkor Vat」という曲について。 アンコール・ワットといてば、カンボジアの世界遺産。 しかし使われている楽器はインドネシアのガムラン。 カンボジアにガムランと似た民族楽器があるのかいな、と検索してみたが、それらしきものは、ない。 したがって、二胡を使った曲に「Fujiyama」と大雑把に名付けたような、..
posted by ワタオン

2016年02月19日

細野晴臣 - S-F-X

細野晴臣さんのYMO解散翌年に出たアルバム。 いかにも電子音楽、という曲群から次に来るアンビエント期の前触れとなる『地球の夜にむけての夜想曲』と、これもまた「Philharmony」と同じくバラエティに富んだ細野ワールドを楽しませてくれる。 楽しませてくれるんだが、初聴で「うぉっ」となるも、繰り返し聴きこんで、ということにはならず。 なんでそうなるのか…? バラエティに富ませつつも、YMOで最後はやらされていたであろう、「電子音楽」の範疇からははみ出していない点が..
posted by ワタオン

2016年02月17日

細野晴臣&イエロー・マジック・バンド - はらいそ

はらいそ(PARAISO)は、1978年にアルファレコードから発売された細野晴臣&イエロー・マジック・バンドのソロアルバム、または同アルバムに収録されている曲。タイトルは、ポルトガル語でパラダイス paradise にあたるパライソ paraíso が訛った、キリシタン用語で天国のことである。
ウィキペディア 「はらいそ」より と、いうことで、細野晴臣さん3回目は『はらいそ』。アルバムジャケット左下にちっこく写ってる写真は、相変わらず口ひげに三白目の怪しげな風貌。タイトル..
posted by ワタオン

2016年02月14日

村治佳織 - La Estella

細野晴臣さんの箱を開けてしまったのだが、開けて自分の過去記事を見て、「村治佳織さんの技はともかくハートはどうなのかいずれ」ということを書いて3ヶ月放置していたことに気がつく。 とうことで、泥縄で村治佳織さんの続き。 前回紹介した『Re-Cycle』は2012年の、本作『La Estella』は2004年のベストアルバム。 より初期の村治佳織さんに触れてみたが、やはり、あくまでド真面目にという以上の印象は持ち得なかった。 『Re-Cycle』における「コユンババ」のような..
posted by ワタオン

2016年02月07日

細野晴臣 - HOSONO HOUSE

この4ヶ月ぐらい、細野晴臣さんのアルバムライブラリを増やすということに執心していた。お約束なんか壊しちまえという野心なり茶目っ気を感じつつも、決して奇をてらったイロモノではないところに心惹かれている。 Amazonを漁り、大きめのTSUTAYAを漁り、iTunes Storeで衝動ダウンロードし、Amazonに戻りその中古価格のべらぼうな高さにため息をつき、街の図書館で見つけほくそえんだりと、充実した音楽鑑賞活動を過ごせている。 細野晴臣さんのアルバムの半分くらい..
posted by ワタオン

2015年08月23日

Yellow Magic Orchestra - SERVICE

1983年発売の、イヤな仕事は断るのも仕事のうち、と教えてくれるアルバム。 このアルバムのプロモーションを兼ね、3人が出演したFM番組を、YouTubeで聞いたことがある。 高橋幸宏さんが、「とっても仲良しのYMO」を、不自然なぐらい強調していた。 本作の作詞作曲の分業体制を見てみよう。 service-ymo.PNG ウィキペディア 「サーヴィス」より。 見事に、細野晴臣さんと坂本龍一さんの組み合わせが、ナイ。 やはり不仲だったのだろう。
すでに解散が前提だったため..
posted by ワタオン

2015年08月08日

Yellow Magic Orchestra - TECHONODELIC

1981年発売。 陰鬱で重い路線を継続。 同じようなリズムがアタマの中を、ウネウネウネウネと回る回る。 だが、決して聞き飽きるということがなく、何回聞いても、「やっぱりこれはいいなぁ」ということになる。 土台がきっちりしているということは、むべなるかな。 曲と曲とのつながりも、相当に練り込み、飽きない工夫をしているのだろう。 とくに、『階段 STAIRS』から『京城音楽 SEOUL MUSIC』のつながりが秀逸。 「あれあれ、曲が変わった!?」と思わせる間もなく、..
posted by ワタオン

2015年07月23日

矢野顕子 - GRANOLA

辛いもん好きとしては、当然外せませんよねということで、蒙古タンメン中本へ行ったことがある。 熱烈な信者が語る「辛さの中の旨味」みたいなもんは、確かにある。 しかしまあ、野菜の旨味抽出するのなんか、シロウトでも簡単でしょと。 その上に、辛いだけのドロドロ(麻婆豆腐と主張)のってるだけでしょと。 何より、なにこれスーパーの野菜売り場の棚の底に散らばってるやつもらってきたのか? というレベルで細々とした野菜に失望。 セブンイレブンで、こいつのカップ麺版を見つけた時も、..
posted by ワタオン

2015年02月06日

はっぴいえんど - 風街ろまん

YMOはカセットテープの時代にさんざん聴き倒したが、YMOの3人のYMO以前の音楽というのは無関心であり、つぶやき合いを眺めたり、「黒船」(サディスティック・ミカ・バンド――高橋幸宏さん参加)の注目され具合を眺めたりしていて、これではいかんと、細野晴臣さん参加のこいつを入手。1971年発売。 「風をあつめて」が良いです。 矢野顕子さんのカバー曲は聴いていたのだが、原曲は初めて。
人気のない 朝の珈琲屋で 暇をつぶしてたら ひび割れた 玻璃(ガラス)ごしに 摩天..
posted by ワタオン

2015年01月24日

坂本龍一 - US

坂本龍一さんの音楽を、ふかんしたければ、この一枚ですヨ! と、書きたかったが、それはなしだ。 改めて聞き直す。 パソコンに取り込む時に失敗して、音飛びしてる曲があったのだが、数年間、それに気がついていなかった。 そんな程度のはまり具合です。 そういうことで、おしまい、というのも何なんで、印象に残った何曲かを紹介。 Thousand Knives YMOでもやってましたね。 主旋律にからむ、「プオン、プオン」という音が面白い。 古色蒼然としたシンセサイザー音。..
posted by ワタオン

2014年12月31日

細野晴臣 - Philharmony

LPで発売された時のジャケットの帯には「一生懸命作りました」と書かれている。
「フィルハーモニー」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2014年2月19日 (水) 10:37 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org 総演奏時間38分と短めなんだが、物足りない感皆無。細野晴臣さんが、その当時の心境で、やりきったことをぎゅっと濃縮させた感満載。 「Living-Dining-Kitchen」 →「Birthday Party」 →「..
posted by ワタオン

2014年12月07日

セニョール・ココナッツ - プレイズYMO

YMOのカバーアルバム。 YMOの名曲の数々をラテン調で、ノリノリに、聴かせてくれる。これを聴きながら散歩していると、ご機嫌な時間を過ごすことができる。 作りこみもしっかりしている。高音と低音のバランスが絶妙で、家でじっくり聴くのもまたよし。 「東風」、「マッドメン」などでは、高橋幸宏さんが、「マンボ・ヌメリーク」では、細野晴臣さんが歌っている。 最初は「東風」だけ、ダウンロードして聴いていたのだが、その出来の良さに全曲ダウンロード。「ライディーン」な..
posted by ワタオン

2014年11月29日

H.I.S. - 日本の人

細野晴臣さん(HOSONO Haruomi)と、忌野清志郎さん(IMAWANO Kiyoshiro)、そして坂本冬実さん(SAKAMOTO Fuyumi)の3人でHIS。忌野清志郎さんが亡くなってしまい、二度とあり得ない、「超豪華メンバー」が組んだ1枚。 Amazonで見たら発売が2006年となっている。 初出は1991年。 実力は折り紙つきのボーカル2人に、一世を風靡したYMOの細野晴臣さんが組んだのだ。 再販されたのは当然。 「逢いたくて逢いたくて」では、坂本..
posted by ワタオン

▲ページの先頭へ