2017年12月10日

就寝前に楽しむ音楽5選

あくまで楽しむであり、必ずしも安眠を目的としたものではない。 Gontiti - gontiti best 静かな弦楽器の音色をベースに、ドラムを合わせるなどポップス色も加える。イージーリスニングの括りにすべてを納めてしまうのはムリで、フュージョンでもある。 一言で言えば、確固たるGontitiという分野を確立している。みなさまの公共放送もBGMに使うお墨付き。 細野晴臣 - MEDICINE COMPILATION from the Quiet L..
posted by ワタオン

2016年04月30日

私が今月最も聴いたアルバム(ほぼ2016年4月)

楽屋落ち的記事2回目。 自動収集のデータの切り出し単位が30日単位、一部自動設定できない再生ツールもあり、ということでほぼ2016年4月。 yokukiita_201604.png トップの『音楽図鑑(2015年版)』(坂本龍一)はディスク2枚組を1枚として認識させている。 よって、その半分ぐらいが実勢値。 それにしても良く聴いている。 2位の『Melodies』(山下達郎)、いまの時点ではそんなに聴いたという記憶がない。 コテコテの流行歌なのだが、流行歌を極めたという凄みのある作品。 また何かの..
posted by ワタオン

2016年04月24日

image(イマージュ)

★☆☆☆☆ 坂本龍一への冒涜 (2016/4/24) 15.BEFORE LONGはNEO GEOにおいてAFTER ALLと対を成すアルバムの完成度を高くするために作られたものです。それなのになぜこのような寄せ集めの形で収録するのでしょうか。坂本竜一のすばらしさを知るには、彼のアルバムを通して聞くべきです。 と、その混沌さにおいては巨大掲示板も叶わないAmazonのレビュー風。 それはそれとして、売れた、売れているヒーリング音楽集らしいですねぇ。
「ima..
posted by ワタオン

2016年04月01日

私が先月最も聴いたアルバム(ほぼ2016年3月)

Google Play Music導入でネットにつながりさえすれば、手持ちの曲全部聴けるようになったという話は以前書いた。 その副産物として、再生している曲をすべからずクラウド上にログとして残すということも可能になった。 ということで、ほぼ2016年3月の聴いたアルバムトップ10。(過去30日分の切り出しになるので、ほぼ。) top_albums201603.PNG 偏食もいいところですねぇ。 留意点は、アルバム名単位で再生曲数をカウントするので、曲数が多いアルバム有利となる。 [Disk 1]と..
posted by ワタオン

2015年11月01日

村治佳織 - Re-Cycle

綺麗な人ですねぇ。 綺麗な上にギターまでお上手とか、まー世の中不公平だわな。その整った容姿から、さぞかし優等生的ご演奏で聴かせてくれるのだろうなぁと邪推していたら、本当にそのとおりであった。 「オルゴールの世界」っていう、脱法BGMアルバムあるでしょう? まー、それのギター版という感じで古今東西の名曲をカバーしていく。 坂本龍一さんの「戦場のメリークリスマス」と武満徹さんが同居していたりして、挑戦的なんだか、節操ないんだかわかんない状態。だが、あくまで演奏はド真面目に..
posted by ワタオン

2015年08月23日

Yellow Magic Orchestra - SERVICE

1983年発売の、イヤな仕事は断るのも仕事のうち、と教えてくれるアルバム。 このアルバムのプロモーションを兼ね、3人が出演したFM番組を、YouTubeで聞いたことがある。 高橋幸宏さんが、「とっても仲良しのYMO」を、不自然なぐらい強調していた。 本作の作詞作曲の分業体制を見てみよう。 service-ymo.PNG ウィキペディア 「サーヴィス」より。 見事に、細野晴臣さんと坂本龍一さんの組み合わせが、ナイ。 やはり不仲だったのだろう。
すでに解散が前提だったため..
posted by ワタオン

2015年08月05日

Yellow Magic Orchestra - PUBLIC PRESSURE

1980年発売の、YMOライブ盤。
同ツアーのサポート・ギタリストは渡辺香津美であったが、当時渡辺が所属していた日本コロムビアはその収録を拒否したため、ギターのチャンネルはカットされ坂本龍一のシンセサイザーに置き換えられた[1]。
ウィキペディア 「パブリック・プレッシャー」より。 YouTubeで、画面付きのライブを見れる時代ですからねぇ。 こんな換骨奪胎したような代物をありがたるのは、信者ぐらいだろう。 と、いうことで、次。 (梅) Yello..
posted by ワタオン

2015年08月04日

Yellow Magic Orchestra - SOLID STATE SURVIVOR

1979年の実質的な1stアルバムから、わずか2ヶ月ほどで発売された、2ndアルバム。 「トキオ! トキオ!」の「Technopolis」や、「Rydeen」はこのアルバムに収録されている。 新聞の社会面のネタになったのは、確かこのアルバム。 ベスト盤の切り札『UC YMO』に、全8曲中5曲も収録されてしまっており、こちらを入手すれば、このアルバムの曲の6割は網羅できてしまうという事実。 しかしながら、ここはやはりオリジナルを通して聴いたほうが、楽しめますよとい..
posted by ワタオン

2015年06月16日

坂本龍一 - Playing the Orchestra 2013

うーん……。 これは松屋のカレギュウ。 一つのライスのうえに、牛丼の具とカレーが両方乗っかったアレです。 牛丼もカレーもそれぞれ単品では美味しんですよ。 しかしこれが合わせると、カレーのスパイシーさで牛丼の塩分がかなりきつくなってしまう。 カレーはカレーで、塩っ辛くなった口の中でちょっとくどくなってしまう。 日本を代表する音楽家である坂本龍一さんと、ヨーロッパ数百年の歴史を持つクラシック。 日本人のソウルフードである牛丼とインド数千年(テキトウ)のルーツを持つカレー。 ..
posted by ワタオン

2015年03月29日

坂本龍一 - 音楽図鑑 -2015 Edition- [Disk 2]

坂本龍一 - 音楽図鑑 -2015 Edition- [Disk 1]からの続き。) Disk 2は、12曲中7曲が未発表曲。 既発表曲の別バージョンばかりでお茶を濁されるかなあ、という予感は良い意味で裏切られた。 音楽図鑑ならぬ、音楽工作室、ペン入れをする前の下書きのマンガのような趣き。 「SELF PORTRAIT - 04A FEATURING MINAKO YOSHIDA」。既収録曲の別バージョンだが、シンプルなメロディーに乗る、綺麗なボーカルが..
posted by ワタオン

2015年03月28日

坂本龍一 - 音楽図鑑 -2015 Edition- [Disk 1]

以前、「『音楽図鑑 ボツ曲版』というアルバムがあったら、買う。」と書いたら、本当に出た。 速攻で予約。 リマスタリングによる、音質向上の成果云々は、きっと熱心なAmazonレビュアーが取り上げるだろう、と下書きしておいたら、本当に取り上げられている。そっちにまかせる。 Disk 1には、「夜のガスパール」と「青ペンキの中の僕の涙」を新たに収録。 「青ペンキの中の僕の涙」。 「ドンドン、ドンドン」という単調なメロディーの繰り返しに、他の演奏がかぶさる。 単調..
posted by ワタオン

2015年03月02日

坂本龍一 - SMOOCHY スムーチー

このアルバムの第一印象。 アルバムジャケットの「坂本龍一さん」の顔色が悪い。 再聴してみた感想。 やはり、アルバムジャケットの「坂本龍一さん」の顔色が悪い。おしまい。
解説 前アルバム『スウィート・リヴェンジ』と同じく、メロディ重視のポップ路線を目指した。 坂本自身によるボーカル曲が多いのが特色。 当時は無理して挑戦していたが、後日自分で聴いて下手で向いていないと思っている[1]。 ドラムのプログラミングは森俊彦。
「スムーチー」『フリー百科事典 ウィキペデ..
posted by ワタオン

2015年02月26日

坂本龍一 - Sweet revenge

「Water's Edge /君と僕と彼女のこと」という曲が面白い。
彼女はいつもの通り その日のすべてを話した 君に会っていたことも 知っていた 僕はできた奴じゃない 君を殴りとばし友情を笑えばよかったのか
こんな歌詞を、坂本龍一さんと高野寛さんという人が淡々と歌う。 「笑っていいとも」か何かだったと思う。YMOで一緒だった高橋幸宏さんが、坂本龍一さんの第一印象を「爪が汚かった」と話していた。 そんな、坂本龍一さんがオシャレとは無縁だった時代を彷彿させる、異質な..
posted by ワタオン

2015年02月20日

坂本龍一 - NEO GEO

音楽図鑑」の3年後に出たアルバム。 同名のゲーム機があるが、どっちが先なんだろうか。 調べるの面倒くさい、程度のことであり、これはどうでもよろしい。 この頃は、坂本龍一さんのアルバムが出る毎に、迷わず買っていた。ウィキペディアを見るまで気づかなかったのだが、
NEO GEO 翻訳・作曲:坂本龍一、ビル・ラズウェル ゴーゴーとロックと沖縄民謡と民族音楽(ケチャ)をミックスした、以前の坂本の作風にはなかった楽曲。ベースはブーツィー・コリンズ。ケチャは坂本がバ..
posted by ワタオン

2015年02月13日

坂本龍一 - 1996

携帯用MP3プレーヤーなんてない時代に海外旅行に行くことになり、ディスクマン(CDプレーヤー版ウォークマン)と何枚かのCDを持って行きましょうかということで、迷わず持っていく1枚になった作品。 ディスクマンは何台潰したかなあ。 扱いが雑で、本体を操作するために、イヤホンのコードを引っ張ってたぐりよせようとして、ゴンゴン落としたりしていた。 そういう扱いもなんだが、光学式読み取りドライブを持ち歩くというのは、やはりムリがある。 半導体メモリーで、数百曲を持ち歩けてしまう..
posted by ワタオン

2015年02月08日

矢野顕子 - SUPER FOLK SONG (1992年)

矢野顕子さん確変モードに突入。矢野顕子さんのピアノ伴奏オンリーシリーズ第1弾。 HOW I CAN I BE SURE 高音のノビが素晴らしい。矢野顕子さんは、こんなに綺麗な高音の声だせたんだ、と新発見。 ラストの『Prayer』も同様。 おおパリ
とうとう来たじゃない パリ! なんで熱が出てしまったの エッフェル塔がゆがんでる ベルサイユが崩れ落ちる リュクサンブールは火の海だ とうとう来たのに パリ!
いまどき脱亜入欧でもあるまいしと、..
posted by ワタオン

2015年02月05日

坂本龍一 - 千のナイフ

YMOはカセットテープの時代にさんざん聴き倒したが、YMOの3人のYMO以前の音楽というのは無関心であり、つぶやき合いを眺めたり、『黒船』(サディスティック・ミカ・バンド――高橋幸宏さん参加)の注目され具合を眺めたりしていて、これではいかんと、坂本龍一さんのデビュー・アルバムを入手。1978年発売。 一番短い曲で、5分16秒。最長の曲は、9分50秒にも渡り、私が聴いた限りでは最長記録。 気合のほどがうかがえる。 しかし、、うーん……。シンセサイザーが手段ではなく、..
posted by ワタオン

2015年01月31日

矢野顕子 - ひとつだけ/the very best of akiko yano

矢野顕子さんの、1974年から1995年の、選りすぐりの曲たちを収録。 タイトルの"very best"の通り、いい曲がいっぱい詰まってる。 能年玲奈と誰かがテレビで歌マネした『ひとつだけ』。「やっぱり猫が好き」主題歌の「David」。糸井重里さん作詞「自転車でおいで」。サークル仲間の女の子と母親がいい曲ね、と言っていた「いいこ いいこ」。コマーシャルのために作った「春咲小紅」もしっかりと押さえて、と。 「電話線」。
細い声をのせた電話線は 夢中で空を かけて..
posted by ワタオン

2015年01月24日

坂本龍一 - 未来派野郎

音楽図鑑』に次ぐ、坂本龍一さん34歳のころの作品。 『音楽図鑑』が、大事に大事に育てられた長男なら、『未来派野郎』は、奔放に育てられた次男坊、という感じ。 Ballet Mécanique 英語の歌詞で淡々と続くなあ、と思うと、最後の方で突如として日本語の歌詞になる。この盛り上がり具合が、好き。
僕には 始めと終わりがあるんだ こうして 長い間空をみてる  音楽 いつまでも続く音楽 踊っている 僕を君は観ている  僕には 始めと終わりがあるんだ ..
posted by ワタオン

2015年01月24日

坂本龍一 - US

坂本龍一さんの音楽を、ふかんしたければ、この一枚ですヨ! と、書きたかったが、それはなしだ。 改めて聞き直す。 パソコンに取り込む時に失敗して、音飛びしてる曲があったのだが、数年間、それに気がついていなかった。 そんな程度のはまり具合です。 そういうことで、おしまい、というのも何なんで、印象に残った何曲かを紹介。 Thousand Knives YMOでもやってましたね。 主旋律にからむ、「プオン、プオン」という音が面白い。 古色蒼然としたシンセサイザー音。..
posted by ワタオン

2015年01月02日

坂本龍一 - /05

/04』の続編で、2005年発売で『/05』。 さんざん聴き倒した『音楽図鑑』収録の、「Tibetan Dance」のビアノ版を聴けたりするのが嬉しい。「Thousand Knives(千のナイフ)」も懐かしい。 とは言いつつ、結局、過去の曲をピアノ化した、という代物。 坂本龍一さんにとりたてて思い入れのない人は、『/04』と『/05』のどちらかなりを試聴して、気に入った曲があったらダウンロードする、というんで十分なんじゃないですか。 (松) ..
posted by ワタオン

2014年12月29日

坂本龍一 - 音楽図鑑

坂本龍一さんといえば、中途半端な長髪を邪魔そうにして、ピアノを引いてるおっさんというのが、今どきの坂本龍一さんしか、知らない人のありがちなイメージだろう。 かつては、先駆時な試みを、ビシバシと作品にしていっていた時代がある。 その代表作といえるのが、この『音楽図鑑』。
それまでのあらかじめ楽譜を作成する坂本の作曲法とは異なり、キーボードの前に座り、メロディを思いつくままに弾くことで曲を作成するという手法をとったため、使用されなかった曲を含め作曲数が30曲以上となった。..
posted by ワタオン

2014年12月23日

矢野顕子 - はじめてのやのあきこ (EP)

矢野顕子さんも、すっかりピアノに落ち着いてしまった。 元ダンナの坂本龍一さんがDJをしていたFM番組で、「食い扶持は坂本さんが稼いでくれるので、私はトントンで」という趣旨のことを話していた。 そんな、ガンガン攻めていた時代の作品も、いずれ投稿。 ピアノづいたという点では、元夫婦とも同じ。 しかし、そのピアノの可能性に、トコトンこだわっている点では、元妻の勝ち。 このアルバム『はじめてのやのあきこ』では、ピアノ演奏をバックに、槇原敬之さん、小田和正さん、YUK..
posted by ワタオン

2014年12月09日

globe - globe

テレビのあの人はいま、みたいな番組で、小室哲哉さんを取り上げていた。なんちゃらかんちゃらとメッセージを発し、二段重ねのシンセサイザーで、「DEPERTURES」を披露。 シンセサイザー二段重ねなど、日本のシンセサイザー先駆者の、坂本龍一さんでさえ、とっくにやっていないだろう。この番組を作った人の、「晒し者にしてしまえ」という悪意を感じた。 ウィキペディアでglobeを調べてみると、globeの浮足立ったところが赤裸々になっている。
TETSUYA KOMURO ..
posted by ワタオン

2014年12月06日

Yellow Magic Orchestra - UC YMO

正式名称は、「Ultimate Collection of Yellow Magic Orchestra」。 Yellow Magic Orchestra(YMO)は、いまでもテレビで取り上げられる。

社会現象にまでなったYMOをふかんするのに最適

Amazonのレビューには、(Amazonにユーザーが投稿したレビューではなく、Amazon側が評論家か何かに書かせたレビュー。……ややこしいな。)「音質が向上しているから、過去のアルバムを持っていても、買うべし」と..
posted by ワタオン

2014年11月28日

坂本龍一 - /04

「戦場のメリークリスマス」のテーマ曲、「Merry Christmas Mr.Lawrence」の、ピアノ版が聞けるアルバム。 YoutubeでYMOのライブを観ていると、観客から「オオオ」と歓声が上がる、「Riot In Lagos」。見事にピアノ音楽化されている。 「ゆるみ系」というキャッチフレーズ。齢を重ね、カドの取れた坂本龍一さんの世界を楽しむには、うってつけのアルバム。 老いて新しいことに挑戦する気力が失せ、自己模倣の世界に閉じこもってしまったとも..
posted by ワタオン

▲ページの先頭へ