2017年12月10日

就寝前に楽しむ音楽5選

あくまで楽しむであり、必ずしも安眠を目的としたものではない。 Gontiti - gontiti best 静かな弦楽器の音色をベースに、ドラムを合わせるなどポップス色も加える。イージーリスニングの括りにすべてを納めてしまうのはムリで、フュージョンでもある。 一言で言えば、確固たるGontitiという分野を確立している。みなさまの公共放送もBGMに使うお墨付き。 細野晴臣 - MEDICINE COMPILATION from the Quiet L..
posted by ワタオン

2015年03月07日

rica tomorl - shellworks

リカ・トゥモールさん。 結構な間、rica tomoriさんだと勘違いしていた。 東京エスムジカの平得美帆さんが、ソロ・モードになると、この名前になります。 全曲、リカ・トゥモールさんの作詞・作曲。 「costarica」が一番のお気に入り。 決して派手ではないが、ひそやかに盛り上がる感というのがあって、良い。 次が「time,time,time」。
あめ あめ はれ はれ あめ あめ はれるや はれ はれ あめ あめ はれ あめ あめりか
単純なコトバの組み..
posted by ワタオン

2015年02月21日

東京エスムジカ - 未完成旅行記

東京エスムジカ熱が最も高かったのは、このアルバムが出た頃。 『Going, on the Wing!』シングルを、iTunes Storeから速攻でダウンロードしていたりしていた。 Going, on the Wing!! 曲の最後に、
Attentions please, attention please. Thank you for …
と、飛行機のアナウンス風の効果音が入る。 音質も客室アナウンス風の、あえて悪い音質にして。 ヘタにこういうことをやると、アザ..
posted by ワタオン

2015年02月14日

東京エスムジカ - World's end Wonderland

瑛愛(YongAe)さんと平得美帆さんが休職中に出た、東京エスムジカ名義の一枚。 Life is Art "Art"を辞書で引くと、芸術、美術のほかに、技術とか技能という意味が出てくる。 早川大地さんの生き様を象徴しているようでかっこいいじゃないですか。 ロック調(と言うのかな?)の曲に、アジアの楽器を掛け合わせるというワザで聴かせてくれる。 Pieces of Times 東京エスムジカのアルバム恒例の、インストゥルメンタルの1曲。 今回は、ピアノ..
posted by ワタオン

2015年02月07日

VITA NOVA - ancient flowers

近所にあった、フランチャイズじゃないコンビニで流れていたアルバム。 一発で「うぉっ」となり、CD屋へ走る。このコンビニは、なかなか良心的で、手作りお弁当などを売っていて重宝していた。(当時のコンビニ弁当はあんまり美味しくなかった。) BGMにも、こだわっていたのだ。 アルバムの帯に、「きっと、誰かに聴かせたくなる <古典ポップ>ヴィータ・ノヴァデビュー!」とある。 確かに、誰かに聴いてもらいたくなる心地よさ。 どんなところがオススメしたいのかということを、思いつく..
posted by ワタオン

2015年02月01日

東京エスムジカ - Invitation to the New Journey

この1枚を入手するかどうかは、かなり逡巡。 何度か試聴しては、購入するのヤメを繰り返し、結局ポチリ。 東京エスムジカは、「月凪」や「綺羅」の韓国語バージョンまでiTunesに入っているのだが、何故迷いに迷ったか。 それは、「さよなら、また旅に出る君にもう一度出会うためのさよなら」が、iTunes版『月凪 ~The World of Eth-Musica~』ボーナストラックの「サヨナラ」の使い回しだから。 iTunesで試聴して、こんなコピペみたいなことしていてはだめだろ..
posted by ワタオン

2015年01月18日

東京エスムジカ - 月凪 ~the world of ethmusica primitive~

ケモノ

いい曲ですよ。
あやし獲物 闇の獣 夜目をさまし 耳を済まし 不自由なるもののために 月にむかい遠吠えする 夜のしじま裂いた木霊 弱きを食らい迷いはしない ただその日の許し求め 月にむかい遠吠えする ただうまく生きてくために わたしはいくつも嘘をつく そのために眠れぬ夜と 自由な獣の罪を負う けれど 言葉を忘れ歌を忘れ ただ闇間に牙を散らし 逃げ遅れたこどものよう 月明かりにこの身をさらす 腐りかけのりんごの赤 うまくもなく冷たくも..
posted by ワタオン

2015年01月12日

ウォークマンとiTunesふりかけが最強の組み合わせなのだ

ウォークマンには、曲名、アーティスト名、そしてアルバム名で、ABC順・50音順で索引を作ってくれる機能がある。 「宇多田ヒカル」なら、「ウ」の項目に表示。漢字の「宇」をどういう仕組で、「ウ」に紐付けさせているところが謎なのだが、さりげなく凝っている。 しかしながら、ABC順・50音順となっているところは意外と厄介。 「CHAGE and ASKA」が「C」に分類されているのか、「チ」なのかなど、いちいち両方の索引を参照せねばならず、微妙にイラッとすることがあ..
posted by ワタオン

2015年01月08日

東京エスムジカ - Switched-On Journey

World Scratch』にピンと来た人なら、こちらもチェック。 Song for Journey 瑛愛(YongAe)さんと平得美帆さんの、ツインボーカルがメインの、初期と現在の東京エスムジカ。しかし、曲オンリーのこの曲もなかなか。 しっとりとした、デパートの閉店時に流れてきそうな曲なのだが、ピアノに沖縄の三線を組み合わせてくるという荒業。それが、ちっとも違和感がない。やるじゃない、早川大地さん。 風の行方 アルバムラストの曲から、一番始め..
posted by ワタオン

2014年11月24日

東京エスムジカ - World Scratch

瑛愛さんと平得美帆さんの歌唱力がすごい

今どきの粗製乱造ヒット曲を歌う人なんか、目じゃない歌唱力。 2人の、透き通っていて、かつ力強い声色が、絶妙なハーモニーを醸し出している。 高めで、ちょっと鼻に通ったような声が、瑛愛(YongAe)さん。ややハスキーボイスなのが、平得美帆さん。

早川大地さんのメロディーがすごい

精緻に計算された機械的なメロディーに、インドネシアのガムランなどの生音が巧みに絡む。(聴きこんでいくと、機械的なメロディーに、やや疲れてしま..
posted by ワタオン

▲ 先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。