2017年12月10日

就寝前に楽しむ音楽5選

あくまで楽しむであり、必ずしも安眠を目的としたものではない。 Gontiti - gontiti best 静かな弦楽器の音色をベースに、ドラムを合わせるなどポップス色も加える。イージーリスニングの括りにすべてを納めてしまうのはムリで、フュージョンでもある。 一言で言えば、確固たるGontitiという分野を確立している。みなさまの公共放送もBGMに使うお墨付き。 細野晴臣 - MEDICINE COMPILATION from the Quiet L..
posted by ワタオン

2016年04月01日

私が先月最も聴いたアルバム(ほぼ2016年3月)

Google Play Music導入でネットにつながりさえすれば、手持ちの曲全部聴けるようになったという話は以前書いた。 その副産物として、再生している曲をすべからずクラウド上にログとして残すということも可能になった。 ということで、ほぼ2016年3月の聴いたアルバムトップ10。(過去30日分の切り出しになるので、ほぼ。) top_albums201603.PNG 偏食もいいところですねぇ。 留意点は、アルバム名単位で再生曲数をカウントするので、曲数が多いアルバム有利となる。 [Disk 1]と..
posted by ワタオン

2016年03月15日

矢野顕子 - Welcome to Jupiter

矢野顕子さんの最新アルバム。 レビューなんかを見ると、ファンの欲目としか思えない絶賛コメントばかりが目につく。ので、意識して辛辣目に行きます。 「オトナテクノ」だかなんだかが知らんが、テクノと聞いてすっとんで来るのはYMO世代であり、そういう層を狙っている匂いがぷんぷんとする。 若い人の音楽鑑賞形態というのは動画サイトが主流、そうなるとCD買ってくれる層狙いという点では正解だろう。 だが、こういうマーケティングだかなんだかが支配的なのは、せっかくの矢野顕子ワールドぶち壊..
posted by ワタオン

2016年03月13日

矢野顕子 - Love is Here

ジャケットの帯には「かけっぱなしで、気持ちいい。じっくり聴くと、すごい。」。スマホに入れてかけっぱなしにしてみたが、なんかメリハリもなく聴き終わってしまったなぁという印象しか持たなかった。 だがしかし、家でゆっくり聴きだしたら、確かに、すごい。 すごい所その1は、凝りにこった生音伴奏。 小さなドラムの音の一つ一つまでに、何回録音しなおしたんだろうかこれという緻密さを感じられる。 無論ピアノの音もしっかりと、矢野顕子ワールドとしてしっかり役割を果たしている。 ..
posted by ワタオン

2016年02月29日

中森明菜 - FIXER

中森さんの最新作だがこれはダメだ。 ダメなところ3点。 安っぽいアルバムジャケット 中森明菜さんのアルバムのなかでは、『BEST FINGER 〜25th anniversary selection』につぐショボさ。カメラのキタムラでポートレート撮って、適当にありものの画像と合わせればできてしまいそうな雰囲気。 初回限定盤と通常版で顔写真を変える芸はある。だがこれ、レイヤー1枚入れ替えただけだろう。 オトク感を出そうとして貧乏臭い 「Rojo -Tie..
posted by ワタオン

2015年07月23日

矢野顕子 - GRANOLA

辛いもん好きとしては、当然外せませんよねということで、蒙古タンメン中本へ行ったことがある。 熱烈な信者が語る「辛さの中の旨味」みたいなもんは、確かにある。 しかしまあ、野菜の旨味抽出するのなんか、シロウトでも簡単でしょと。 その上に、辛いだけのドロドロ(麻婆豆腐と主張)のってるだけでしょと。 何より、なにこれスーパーの野菜売り場の棚の底に散らばってるやつもらってきたのか? というレベルで細々とした野菜に失望。 セブンイレブンで、こいつのカップ麺版を見つけた時も、..
posted by ワタオン

2015年06月14日

矢野顕子 - 音楽堂

「犬の帰宅」が心に響く一作。 「テテテ、テーン」というピアノの出だしから、
娘から噂を聞いた 世の中は魔物だらけ 息子たちは話もしない 家の中は静かすぎる
こんな感じの矢野顕子さんワールドが広がっていく。 ピアノ三部作の続編ですな。 幼少の頃から使い古した、テープで補修されたボロボロのピアノ教則本を、ご本人のつぶやきで見たことがある。 確かな技工のピアノ+ユニークな歌唱の世界の組み合わせは、私のなかではもう定番となっている。 ただですねえ……。 寝入りばなに..
posted by ワタオン

2015年02月28日

矢野顕子 - 飛ばしていくよ

矢野顕子さんのアルバムは『峠の我が家』が一番好きなんだが、30年近く前の作品。で、齢を重ね、声が掠れるということがない。それどころか、ますます艶を増していている気がする。 そんな、サザエさん一家的強靭な声帯を持つ、矢野顕子さんの最新作。 このアルバムの印象は、何回も聞くうちに「まあこんなものか」→「あれ、意外と良い」→「なんだか哀しい」と変化していく。 初聴の印象は、「あれ、テクノ?」。 Amazonのレビューを見てみたら、やはりテクノであった。 脱ピアノかと思っ..
posted by ワタオン

2015年02月11日

矢野顕子 - ピヤノアキコ。〜the best of solo piano songs〜 (2003年)

矢野顕子さん確変シリーズ最終回。 『SUPER FOLK SONG』、『Piano Nightly』そして『Home Girl Journey』のベスト盤+α。 「ばらの花」、「電話線」、そして「あしたてんきになれ〜雨ふり〜相合傘」が新たに収録されている。 上記3作から、なぜこの選曲になったのかということは知りたいことであり、ウィキペディアで誰かがまとめてくれているのだろうなあと思いきや、『ピヤノアキコ。』の項目自体が存在しない。 項目を立てるに値しない..
posted by ワタオン

2015年02月10日

矢野顕子 - Home Girl Journey (2000年)

矢野顕子さん確変継続中。 すっかり、ピアノ伴奏にハマっている3作目。 雷が鳴る前に 矢野顕子さんにしては、珍しく詞が具体的だなあ、でも、それも悪く無いと聴いていた。
5. 雷が鳴る前に (作詞・作曲:槇原敬之) 槇原敬之の曲のカバー。原曲は『君は僕の宝物』に収録。
「Home Girl Journey」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2015年1月20日 (火) 08:38 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org ..
posted by ワタオン

2015年02月09日

矢野顕子 - Piano Nightly (1995年)

矢野顕子さん確変モード中。 ピアノ伴奏オンリーシリーズ2作目の『Piano Nightly』。 椰子の実
名も知らぬ 遠き島より 流れ寄る 椰子の実一つ 故郷の岸を離れて 汝はそも 波に幾月
前作「SUPER FOLK SONG」でパリへ飛んだかと思ったら、今度は南国へと飛ぶ。 作詞は島崎藤村。 といっても、古典的線香臭さは皆無であり、愛知の田舎の海岸に流れ着いた、ヤシの実に端を発する望郷の念を、 あくまで矢野顕子さんワールドで歌う。 ニューヨーク・コンフィ..
posted by ワタオン

2015年02月08日

矢野顕子 - SUPER FOLK SONG (1992年)

矢野顕子さん確変モードに突入。矢野顕子さんのピアノ伴奏オンリーシリーズ第1弾。 HOW I CAN I BE SURE 高音のノビが素晴らしい。矢野顕子さんは、こんなに綺麗な高音の声だせたんだ、と新発見。 ラストの『Prayer』も同様。 おおパリ
とうとう来たじゃない パリ! なんで熱が出てしまったの エッフェル塔がゆがんでる ベルサイユが崩れ落ちる リュクサンブールは火の海だ とうとう来たのに パリ!
いまどき脱亜入欧でもあるまいしと、..
posted by ワタオン

2015年02月06日

はっぴいえんど - 風街ろまん

YMOはカセットテープの時代にさんざん聴き倒したが、YMOの3人のYMO以前の音楽というのは無関心であり、つぶやき合いを眺めたり、「黒船」(サディスティック・ミカ・バンド――高橋幸宏さん参加)の注目され具合を眺めたりしていて、これではいかんと、細野晴臣さん参加のこいつを入手。1971年発売。 「風をあつめて」が良いです。 矢野顕子さんのカバー曲は聴いていたのだが、原曲は初めて。
人気のない 朝の珈琲屋で 暇をつぶしてたら ひび割れた 玻璃(ガラス)ごしに 摩天..
posted by ワタオン

2015年01月31日

矢野顕子 - ひとつだけ/the very best of akiko yano

矢野顕子さんの、1974年から1995年の、選りすぐりの曲たちを収録。 タイトルの"very best"の通り、いい曲がいっぱい詰まってる。 能年玲奈と誰かがテレビで歌マネした『ひとつだけ』。「やっぱり猫が好き」主題歌の「David」。糸井重里さん作詞「自転車でおいで」。サークル仲間の女の子と母親がいい曲ね、と言っていた「いいこ いいこ」。コマーシャルのために作った「春咲小紅」もしっかりと押さえて、と。 「電話線」。
細い声をのせた電話線は 夢中で空を かけて..
posted by ワタオン

2015年01月11日

矢野顕子 - 峠の我が家

やっぱり猫が好き 主題歌収録

ある世代以上の人なら、「やっぱり猫が好き」という、コメディー番組があったことは聞いたことがあると思う。 そのテーマ曲『David』を収録。 「やっぱり猫が好き」は、せっせとVHSビデオをレンタルして観ましたねぇ。ある回で突然、小林聡美さんが、「北へ〜、じゃ●ん〜」と歌いだして、「なんでこんなことしないといけないのかしら」と言っていた。タイアップだとしても、ちっともタイアップになっていないという、ゆるい中にもアナーキーな番組の一面を見せてい..
posted by ワタオン

2015年01月09日

槇原敬之 - Listen To The Music

槇原敬之さんのカバー集。 あれ? 入手した時と、アルバムジャケット画像が変わっている。 売れているアルバムなんでしょうかね。 「海と少年」、「David」(矢野顕子さん)、「君に、胸キュン。」(YMO)、「MONKEY MAGIC」(ゴダイゴ)あたりにひかれて入手。 どの曲も、オリジナル曲の雰囲気を損っていない。なおかつ、槇原色というのがあるのなら、槇原色で聴かせている。 他のほとんどの曲は、元曲知らんから分からん。 で、『Completely Rec..
posted by ワタオン

2014年12月25日

Best Blue Note 100

このアルバムを手にした私に対して、レジの店員が「ニヤリ」。あ、何かイヤな予感がする。 やられた! 100曲集録していることはしているのだが、全曲1分30秒程度で、フェードアウトしてしまうのだ。 iTunes Storeの無料試聴と変わらんやん。 ジャズ方面に全然疎いので、試しに入手してみた。いまだにジャズの魅力がわからんのは、このアルバムが悪い。 矢野顕子さんのアルバムが、「ジャズの要素を強め」云々、書かれているのを見て、本場のジャズがどんなもん..
posted by ワタオン

2014年12月23日

矢野顕子 - はじめてのやのあきこ (EP)

矢野顕子さんも、すっかりピアノに落ち着いてしまった。 元ダンナの坂本龍一さんがDJをしていたFM番組で、「食い扶持は坂本さんが稼いでくれるので、私はトントンで」という趣旨のことを話していた。 そんな、ガンガン攻めていた時代の作品も、いずれ投稿。 ピアノづいたという点では、元夫婦とも同じ。 しかし、そのピアノの可能性に、トコトンこだわっている点では、元妻の勝ち。 このアルバム『はじめてのやのあきこ』では、ピアノ演奏をバックに、槇原敬之さん、小田和正さん、YUK..
posted by ワタオン

▲ページの先頭へ