2015年01月04日

中森明菜 - Rojo -Tierra-(シングル)

なんだかんだで、紅白に出た中森明菜さん。ちょっとキョドっていて、大丈夫かいなと思ったのだが、いざ「Rojo -Tierra-」を歌い始めれば、圧倒的存在感。 この後登場したAKB48とは、ラスボスとスライム群ぐらいの、経験値の差を見せつけてくれた。 速攻でダウンロード。
動き出す大地とともに 私達は出逢い どんな群れに紛れてても 決して見失わない
文字に起こすと、結構情熱的な歌詞。(アルバムジャケットも深紅)歌詞を歌わされている感はなし。あくまで中村明菜ワールド..
posted by ワタオン

2014年12月30日

AKB48 - フライングゲット[劇場版]

AKBのアルバムの、アルバムジャケットは、なんか横長だと思っていたら、こいつは縦に長い。 「フライングゲット」以外の曲がどんなかというと、端的に言ってこんな感じ。 「野菜占い」の歌詞。
トマト キャベツ ニンジン 赤ピーマン たまねぎと なすに ほうほうれん草 ブロッコリー かぼちゃ セロリ だいこん ビート クレソン 小松菜 レタス アスパラ
力が抜けた。 以前、「基本である音楽性は、 1970年代の歌謡曲の手法を踏襲し、 大人数で勝負という戦..
posted by ワタオン

2014年12月11日

五輪真弓 - MAYUMI CLASSICS

個人的に「心の友」は押さえておくべき曲。
愛はいつもララバイ あなたが弱い時 ただ心の友と 私を呼んで
愛だのなんちゃらと、定番な(ありがちな)歌詞。 伴奏も、平均点的なメロディー。 決して突出した何かがあるわけではないが、安定して聴ける一枚。 あれ?ありがちな歌詞、無難なメロディー? AKB48そのものではないか。基本である音楽性は、1970年代の歌謡曲の手法を踏襲し、 大人数で勝負という戦略。あざと……、したたかではないか。 AK..
posted by ワタオン

2014年11月27日

AKB48 - 次の足跡

AKB48は押さえておくべきものだろうなと、ベストアルバムを探しに行く。まずはこれ聴いとけっていうベストアルバムがない。恐るべしAKB商法。 新し目の行っとこうかと選んだのが、『次の足跡』。 Type AとType Bがあった。CDを取り込む時、アルバム情報を選択する画面で気がついた。2枚組のうち1枚目が同じで、2枚目の曲目が違う。「ファンなら両方買えよゴラァ」ということらしい。恐るべしAKB商法。 どこかで聞いた覚えがあるのは、1曲目の『恋するフォーチュン..
posted by ワタオン

2014年11月23日

DREAMS COME TRUE - DREAMS COME TRUE GREATEST HITS "THE SOUL"

最近の、私的パワープレイがこのアルバム。 ドリカムはCDを何枚か、気が向いた時に手に入れてきた程度だった。 立ち寄ったパチンコ屋で流れていたのが、「決戦は金曜日」。「さあさあ、出すぜ! 」という気分に、これが良くマッチしてしまっていた。 これが、最近ドリカムにハマったきっかけ。 聴きこんでいくと、ドリカムの歌詞は結構理屈っぽい。その理屈っぽさを、見事にアートに昇華させてしまうのが、吉田美和さんの技とソウルなんだろう。 この日のパチンコの戦果は……..
posted by ワタオン

▲ページの先頭へ